このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
サン・ピエールの生命

サン・ピエールの生命

A 長編映画 by Patrice Leconte

Produced by Epithète Films

Release in France : 19/04/2000

  • Contents

俳優 (19)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Epithète Films

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

Co-productions :

Cinémaginaire, France 3 Cinéma, France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

Polygram

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (38)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

1849年、カナダにあるフランス領サン・ピエール島。この島に駐屯する軍隊長ジャン(ダニエル・オートゥイユ)と、その美しく純真な妻マダム・ラ (ジュリエット・ビノシュ)は、深い愛で結ばれていた。そんなある時、酒に酔った勢いで殺人を犯し、死刑を宣告された荒くれ者の漁師ニール(エミール・ク ストリッツァ)が、島にギロチンが運ばれるまでの間、マダム・ラの身の回りを手伝うことになる。彼女はニールに読み書きを教えたり、外出時に付き添わせた りなど、行動を共にするうちに、彼に対して母性とも愛情とも取れる大きな感情を持ちはじめた。そしてニールは未亡人マルヴィラン(カトリーヌ・ラスコー) の家の壊れた屋根を修理したのがきっかけで、島の人々と徐々に親交を深めていく。さらにニールは暴走する荷車に乗った女性の命を救い、皆の人気を集めるこ とになる。マルヴィランは彼を愛しはじめ、ニールと彼女は神父の前で永遠の愛を誓い合う。マダム・ラはそんなニールが処刑されねばならないことに疑問を感 じていた。いよいよ、ギロチンが島に到着。しかし死刑執行に対する島民たちの反発は強まる一方だった。その民衆の声と妻の想いに心を動かされたジャンは、 処刑の立ち合いを拒否。マダム・ラは、そんなジャンの立場がもっと危なくなるのを承知でニールを逃がそうとしたが、失敗したため、事態は最悪の展開に。結 局ニールはギロチンで処刑され、その数か月後、ジャンは反乱罪で銃殺刑。打ちひしがれるマダム・ラは、自分が死を迎えるまで未亡人でいることを心に誓うの だった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

At the César Awards ceremony, Juliette Binoche made this great remark: “Let’s make ice-cold or red-hot films, but never lukewarm ones.” When making “The Widow of Saint Pierre,” I knew it wasn’t a lukewarm film, but I had no idea that it would be both ice-cold and red-hot. Cold because we were often freezing on the set, and hot because the film is afire with passion. Patrice Leconte, Director

Photos (6)

クレジットタイトル詳細 (20)

製作代表 :

Gilles Legrand, Frédéric Brillion

Screenwriters :

Claude Faraldo, Patrice Leconte

Sound recordists :

Paul Lainé, Jean Goudier, Dominique Hennequin

撮影技師 :

Patrice Leconte

報道担当(映画) :

Vanessa Jerrom

音声編集担当 :

Jean Goudier

スクリプト :

Marie Leconte

Foley artist :

Pascal Chauvin

映画輸出業者 :

Éric Lagesse

スチールマン :

Catherine Cabrol

Assistant directors :

Grégoire Barachin, Anne Gilles

フォトディレクター :

Eduardo Serra

撮影技師アシスタント :

Florent Bazin, David Grinberg

製作部長 :

Frédéric Blum

Editor :

Joëlle Hache

Assistant editor :

Clara Ott

装飾 :

Ivan Maussion

Costume designer :

Christian Gasc

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

演出助手 :

Rémi Bergman

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :


言語 :

フランス語

出身 :

フランス, カナダ

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, カナダ)

製作年 :

2000

フランス公開 :

19/04/2000

上映時間 :

1 時間 42 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

81.130

ビザ発行日 :

04/02/2000

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーデジタル

Posters (7)

監督

ニュース (7)

映画祭でのセレクション (13)

Mostra - São Paulo International Film Festival - 2000

Mostra - São Paulo International Film Festival (ブラジル, 2000)

Selection

Official International Selection

BIFF - 2000

BIFF (韓国, 2000)

Selection

選出作品

リオデジャネイロ 国際映画祭 - 2000

リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 2000)

Selection

世界映画のパノラマ

TIFF - 2000

TIFF (カナダ, 2000)

Selection

Gala

Moscow - International Film Festival - 2000

Moscow - International Film Festival (ロシア, 2000)

Selection

Official Programme

Melbourne International Film Festival - 2000

Melbourne International Film Festival (オーストラリア, 2000)

Selection

French films selected

Munich - International Film Festival - 2000

Munich - International Film Festival (ドイツ, 2000)

Selection

選出作品

Cannes Film Market - 2000

Cannes Film Market (フランス, 2000)

Selection

Selection

代表団 (3)

Website