このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
橋の上の娘

橋の上の娘

A 長編映画 by Patrice Leconte

Produced by Films Christian Fechner

Release in France : 31/03/1999

  • Contents

俳優 (18)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Films Christian Fechner

Film exports/foreign sales :

TF1 Studio (ex-TF1 International)

Co-productions :

UGC Images, France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

Fox France

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (40)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリ。セーヌ川にかかる名もない橋の上から投身自殺しようとしていたアデル(ヴァネッサ・パラディ)は、ナイフ投げの曲芸師ガボール(ダニエル・オートゥ イユ)に命を救われた。彼女はガボールの説得で彼とコンビを組んで巡業に出た。行く先々で喝采を浴び、くじに当たって大金も手にしたりと、それまで順調と は言えなかったガボールの人生にもツキが巡ってきた。だが、アデルは彼と出会う前と変わらず、行きずりの男と逢瀬を重ねる。イタリアの田舎町で、アデルは レストランのボーイに身を任せようとするが思い直して彼が待つ駅へ。線路脇の廃屋で、アデルはガボールのナイフの的になり、知らぬうちにふたりは恍惚の時 をすごす。イスタンブールに向かう船中、ギリシャ男とイタリア女の新婚カップルに出会ったアデルは新郎と関係を結び、駆け落ちを宣言。だが、ボートで海に さまよい出たふたりは方向を見失い漂流の憂き目に。ガボールは新婦を新たなパートナーに選んだが、彼女に怪我をさせてしまう。別れが元でツキに見放された ふたりは、別々の場所でお互いに失ったものに気づいた。放浪の末、見知らぬ町の川の橋の上に絶望して立つガボール。そのとき、アデルの声が響き、ふたりは 再会した。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

"I never felt as free when making a film as I did with 'The Girl on the Bridge.' Why? I don't know. I only know that I didn't want to do any soul-searching, I wanted to do things with a light hand, letting myself be inspired on the spot. It was the film itself that led me in that direction—the characters, black and white, the actors.

"We didn't really know what we were doing We only knew that the film would look just like us."

(Patrice Leconte, Director)

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Christian Fechner

Adapter/dialogue writer :

Serge Frydman

シナリオライター :

Serge Frydman

Sound recordists :

Paul Lainé, Dominique Hennequin, Jean Goudier

撮影技師 :

Patrice Leconte

報道担当(映画) :

Isabelle Sauvanon, Karine Ellena

スクリプト :

Marguerite Perlado

Foley artist :

Pascal Chauvin

スチールマン :

Catherine Cabrol

監督補佐 :

Grégoire Barachin

エグゼクティブプロデューサー :

Hervé Truffaut

フォトディレクター :

Jean-Marie Dreujou

撮影技師アシスタント :

Florent Bazin, Renaud Chassaing

製作部長 :

Daniel Baschieri

Editor :

Joëlle Hache

装飾 :

Ivan Maussion

Costume designer :

Annie Périer-Foulon

演出助手 :

Yorick Kalbache

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

自殺, サーカス, 愛

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1999

フランス公開 :

31/03/1999

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

90.876

ビザ発行日 :

12/03/1999

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS

Posters (1)

監督

ニュース (3)

映画祭でのセレクション (15)

Istanbul Film Festival - 2000

Istanbul Film Festival (トルコ, 2000)

Selection

世界のフェスティバルより

メルボルン フランス映画祭 - 2000

メルボルン フランス映画祭 (オーストラリア, 2000)

Selection

選出作品

セザール賞(フランス映画) - 2000

セザール賞(フランス映画) (フランス, 2000)

Selection (8)

Best Film

Best Sound : Dominique Hennequin, Paul Lainé

Best Cinematography : Jean-Marie Dreujou

Best Screenplay (Original or Adapted) : Serge Frydman

Best Editing : Joëlle Hache

Best Actor : Daniel Auteuil

Best Actress : Vanessa Paradis

Best Director : Patrice Leconte

プンタデルエスト 
映画祭 - 2000

プンタデルエスト  映画祭 (ウルグアイ, 2000)

Selection

選出作品

BFI London Film Festival - 1999

BFI London Film Festival (イギリス, 1999)

Selection

長編映画公式セレクション

BIFF - 1999

BIFF (韓国, 1999)

Selection

選出作品

リオデジャネイロ 国際映画祭 - 1999

リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 1999)

Selection

世界映画のパノラマ

Telluride International Film Festival - 1999

Telluride International Film Festival (アメリカ合衆国, 1999)

Selection

選出作品

Montreal World Film Festival - 1999

Montreal World Film Festival (カナダ, 1999)

Selection

Out of Competition

受賞

代表団