このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
クレーヴの奥方

クレーヴの奥方

A 長編映画 by Manoel de Oliveira

Release in France : 22/09/1999

  • Contents

俳優 (12)

映画製作・配給会社 (3)

Co-productions :

Madragoa Filmes, Wanda Films, Gemini Films

フランス国内配給 :

Gemini Films

Film exports/foreign sales :

Gemini Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (8)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

カトリーヌ(キアラ・マストロヤンニ)は、宝石店の美しい娘である。マリア・ジョアン・ピルシュ(本人)の演奏会に両親であるシャルトル夫妻と出か けた夜、母(フランソワーズ・ファビアン)の友人のダ・シルヴァ夫人(アニー・ロマン)から、医者のクレーヴ氏(アントワーヌ・シャペー)を紹介される。 カトリーヌには求愛してくる青年フランソワ(スタニスラス・メラール)がいるが、クレーヴ氏と結婚することになった。

ある夜開かれたグルベンキャン財団主催の夜会に夫とともに訪れたカトリーヌは、ゲストで招待されていたポルトガルのロック歌手ペドロ・アブルニョーザ(本人)に惹かれる。ペドロもカトリーヌに興味を持つ。

やがて母は娘の心を知り、夫への忠誠がたいせつであり堕落するところを観ずに死ねてよかったと言って死ぬ。フランソワが事故で死んでいたことを知る が、動揺はしない。しかしペドロが事故に遭ったことをニュースで知り、カトリーヌはひどく動揺する。クレーヴ氏は妻の様子に不安になる。

Source : Wikipedia

Subject

I immediately foresaw the difficulties involved in setting this story Madame de la fayette's era. At the same time, i thought , given that itis the drama of strong contrsts, if i recreated the conflict, setting it in a society as permissive as ours is today when it comes to love, the dramatic situations would be even deeper. The moral code controlling and thwarting love was anachronistic, and i thought it interesting to accentuare this by making Madame de Cléves' object of passion a pop singer and her confidant a anun who was once childhood friend. I was then overcome by the desire to accompany this sad, intimate story of passion with fragments of a social vision. They would show the disturbances that now rattle, with the same force as cruelties of pas times, this incorrigible world that we live in.

Manoel de Oliveira-Director, excerpt from the press folder.

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

Paulo Branco

原作者 :

Madame de La Fayette

共同製作 :

Paulo Branco

録音技師 :

Jean-Paul Mugel

報道担当(映画) :

Bruno Barde

Production designers :

Ana Vaz da Silva, Ann Chakraverty

Costume designer :

Judy Shrewsbury

Adapter/dialogue writer :

Manoel de Oliveira

シナリオライター :

Manoel de Oliveira

フォトディレクター :

Emmanuel Machuel

Production managers :

Philippe Rey, Jacques Arhex, Élisabeth Bocquet

Editor :

Valérie Loiseleux

キャスティング :

Richard Rousseau

サウンド・ミキサー :

Jean-François Auger

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, ポルトガル

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ポルトガル)

製作年 :

1999

フランス公開 :

22/09/1999

上映時間 :

1 時間 47 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

94. 934

ビザ発行日 :

07/09/1999

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (9)

Istanbul Film Festival - 2000

Istanbul Film Festival (トルコ, 2000)

Selection

文学から銀幕へ

Rotterdam International Film Festival - 2000

Rotterdam International Film Festival (オランダ, 2000)

Selection

長編映画公式セレクション

トリノ 国際映画祭 - 1999

トリノ 国際映画祭 (イタリア, 1999)

Selection

公式セレクション 特別招待部門

ニューヨーク 映画祭 - 1999

ニューヨーク 映画祭 (アメリカ合衆国, 1999)

Selection

フランス映画選出作品

TIFF - 1999

TIFF (カナダ, 1999)

Selection

マスター部門

Montreal World Film Festival - 1999

Montreal World Film Festival (カナダ, 1999)

Selection

Out of Competition

Cannes International Film Festival - 1999

Cannes International Film Festival (フランス, 1999)

Selection

公式長編映画セレクション

受賞