このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
草の上の昼食

草の上の昼食

A 長編映画 by Jean Renoir

Produced by Compagnie Jean Renoir

Release in France : 11/11/1959

    あらすじ

     J・ルノワールの喜劇というだけで、無条件の愉しさが約束されたようなものだが、この作品は、多少複雑な設定が話の進むうちどんどんシンプルになってい き、ちょうど作中にあるヒロインの泉での入浴シーンのように、飾らないすっぽんぽんの映画になる。最高だ。人工授精で純良な血統を培う方を普及させた生物 学者エチアンヌ・アレクシ博士は、生殖のための愛の行為は抑制されるべきとの方針で、欧州連合大統領選にうって出、その支持基盤を固めるため、ドイツの ガール・スカウト組織者シャルロッテ伯令嬢との政略婚も予定されていた。一方、素朴な農家の娘ネネットは、兄夫婦の様子を見て、“男で苦労するのは真っ 平”と、近くの別荘の博士を訪ね、自らを実験台にしてもらおうとして女中になり、彼と令嬢のマスコミ向け昼食会にかり出される。それは森に出ての“草上の 昼食”。ただし、卓や椅子を並べての無粋なものだった。そこへ村の名物爺さんのガスパールが山羊のカブリを連れ、現われた。取り出した笛を吹くと暴風が吹 き荒れ、それが過ぎるとみんな抑圧のたがが外れて、博士はネネットと、共に若者たちのキャンプに誘われ、いつしか草むらで愛し合う仲に……。それをただ、 風そよぐ草原と、漂う水藻、花にとまる虫などで表わす、この光と官能の印象派画家の息子の、父を上回ろうかという豊かな表現力には溜息が出る。二人はネ ネットの実家(父オーギュストの旧宅を使用)での愛の隠遁生活を送るのだが、博士はいつしかまた表舞台に引っぱり出される。ネネットは博士の子を妊娠して いたが、それを告げることなく、出産費用のため博士と令嬢との挙式の手伝いをしている所を、彼に発見された。そして、式は急拠、この二人のものに変わって しまうのだった。C・ルーベルのネネットの健康なお色気はちきれんばかり。だが、主役は南仏プロヴァンスの風光明媚でありましょう。

    Source : allcinema.net

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Compagnie Jean Renoir

    Film exports/foreign sales :

    FTD International Cinéma

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    『草の上の昼食』(Le Déjeuner sur l'herbe)は、ジャン・ルノワール監督晩年の喜劇映画である。複数のカメラを同時に回すテレビドラマ的手法を用い、風光明媚なプロヴァンスを背景に、自然と人間性の美しさを謳う。「突風場面」が有名である。原題 : Le Déjeuner sur L'herbe 、1959年公開。

    博士の主張は「積極的優生学」に分類されるものであり、この種の思想はフランスでもある程度浸透していた。
    博士の主張するアポローン的精神から、山羊を連れた男の笛の音で性的な人間性が解放される場面は、パン、サテュロス、アウロス、マイナスが登場するディオニューソス的祭典を思わせる。劇中ディアーナへの言及もある。ジョセフ・コスマの木管楽器と打楽器を中心とした音楽が美しい。

    Source : Wikipedia

    クレジットタイトル詳細 (8)

    監督補佐 :

    Marc Simenon

    シナリオライター :

    Jean Renoir

    撮影技師アシスタント :

    Andréas Winding

    Assistant editor :

    Françoise London

    Producers :

    Jean Renoir, Ginette Courtois

    フォトディレクター :

    Georges Leclerc

    Editor :

    Renée Lichtig

    作曲家 :

    Joseph Kosma

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    11/11/1959

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22360

    ビザ発行日 :

    09/09/1959

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66