このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
銀幕のメモワール

銀幕のメモワール

A 長編映画 by Pierre Grimblat

Produced by Hamster Productions, JLA Production

Release in France : 10/01/2001

  • Contents

俳優 (22)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Hamster Productions, JLA Production

Film exports/foreign sales :

TF1 Studio (ex-TF1 International)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

25 歳の映画監督サム(ブノワ・マジメル)は、第2次大戦時に消息不明となった伝説の銀幕スター、シルヴァン・マルソー(サガモア・ステヴナン)の生涯をド キュメンタリーにする企画を立てる。サムは、シルヴァンの恋人だった老婦人リザ(ジャンヌ・モロー)を訪ね、過去を語りたがらない彼女に熱意で口を開かせ る。結核によりサナトリウムで療養していた若き日のリザ(マリオン・コティヤール)は、映画の撮影で訪れていたシルヴァンと恋におちた。やがて第2次大戦 が勃発。フランス全土がドイツに占領され、ナチのユダヤ人狩りが始まった。ユダヤ人のシルヴァンは捕虜収容所を抜け出すが、やがてドイツ軍に連行されてし まう。そしてリザは、ユダヤ人たちの逃亡計画を密告した女を、枕で窒息死させてしまった。つらい思い出をたどりながら、リザは次第にシルヴァンとサムを重 ね合わせていることに気づく。一方、サムも自らのアイデンティティを見つめ直し、戦時下にナチの粛正で孤児となり今は余命いくばくもない父(ミシェル・ ジョナズ)を映画に出演させることを決意するのだった。

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Pierre Grimblat, Paul Giovanni

Adapters/dialogue writers :

Gérard Mordillat, Pierre Grimblat, Didier Cohen

エグゼクティブプロデューサー :

Marie-Astrid Lamboray, Jean-Luc Azoulay

フォトディレクター :

Walther Vanden Ende

報道担当(映画) :

Dominique Segall

スクリプト :

Joëlle Keyser

作曲家 :

Gabriel Yared

Costume designer :

Caroline de Vivaise

サウンド・ミキサー :

Jean-Paul Loublier

監督補佐 :

Manu Kamanda

原作者 :

Patrick Cauvin

共同製作 :

Pierre Héros

Sound recordists :

Henri Morelle, Alain Sironval

Editor :

Marie-Sophie Dubus

装飾 :

Pierre-François Limbosch

スタントマン :

Alain Guerillot

Sales agent :

Perrine Tézé

演出助手 :

Vincent Canart

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, スイス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, スイス)

製作年 :

2000

フランス公開 :

10/01/2001

上映時間 :

1 時間 49 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

97643

ビザ発行日 :

26/12/2000

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS