このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Par-devant notaire / 仮題:公証人立会いの下で

Par-devant notaire / 仮題:公証人立会いの下で

A 長編映画 by Marc-Antoine Roudil, Sophie Bruneau

Produced by ADR Productions

Release in France : 13/10/2004

  • Contents

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

ADR Productions

海外製作作品 :

Cobra Films

共同製作 :

France 2

フランス国内配給 :

Bodega Films

あらすじ

オート・オーベルニュにある事務所を舞台とし、公証人のシチュエーション4件を描いた"Par-devant notaire"。それぞれ交錯するエピソード(販売交渉2件、財産目録作成1件、相続書類作成1件)では、金と所有権に関する質問、故人との関係、秘密の、親密の思いが混ざり合った真の人間模様が見られる。
監督たちは目線、身振り、態度、会話を至近距離で撮影しながら、公証人の世界に細心さと正確さをもって潜入する。刻一刻近づき、離れる画面、突然映し出される予想外の世界への扉。

Photos (2)

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

その他の国の共同制作者 :

ベルギー

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (ベルギー)

製作年 :

2004

フランス公開 :

13/10/2004

上映時間 :

1 時間 12 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

99.007

ビザ発行日 :

06/10/2004

CNC助成 :

はい

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66