このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
スパイ

スパイ

A 長編映画 by Henri-Georges Clouzot

Produced by Vera films

Release in France : 19/09/1957

    あらすじ

    流行らぬパリ郊外の精神病院の院長マリク(ジェラール・セティ)は、贋の往診依頼で呼出され、米国戦争心理協会のハワード大佐(ポール・カーペン ター)と称する男から、アレクス(クルト・ユルゲンス)という男を患者として秘密にかくまうことを頼まれ、病院再建費のための百万フランを代償に貰った。 彼は国際的なある事情から身を隠す必要のある人物であり、某国側の手がこれを追っているのだという。翌朝マリクが起きると、いつの間にか病院には、今まで の使用人が姿を消して新しい看護婦や二人の得体の知れぬ男が入りこんでいる。外に出てバーに行けば昨日と変った給仕がいて、彼がいつも飲む酒をついでく れ、病院にかえってみると、カミンスキー(ピーター・ユスティノフ)と名乗る髭の男やクーパー(サム・ジャフェ)という小男が診察を口実に何かをさぐりに くる。そしてその夜、黒眼鏡のアレクスが忽然と院内に入りこんできた。マリクは彼を一室に閉じこめた。明くる日から、病院とその周囲は正体不明の人物群の うごめく場所となった。唖然としているマリクを、おびきよせた、米国対仏特務班長だというクーパーは、事情を彼に説明した。部下のハワード大佐が連絡を断 ち、謎の男アレクスを穏す工作をした。裏切りと思えるのでアレクスの正体を知りたい。写真を秘かに撮ってほしい。拒否しても君の周囲は我々によって固めら れていると。更にその夜マリクは、看護婦一味の話を立聞きして、アレクスが実は東ドイツから脱出した原子科学者フォーゲル博士なのを知った。ハワード大佐 は東西いずれにも属さぬ人間的立場から、両陣営の追求より彼を隠したのだ。大佐の誠意を信じたマリクは病院の患者の写真をクーパーに渡して偽った。盗聴マ イクをマリクの部屋にしかけたカミンスキー側某国陣営もこれを知り写真を要求した。しかし、この写真によりスパイの群は翌日からすっかり姿を消してしまっ た。ところが謎のアレクスはフォーゲル博士ではなかった。彼は、自分を囮にしてスパイ達をひきつけ、本物の博士を逃す大佐の計画失敗を語り、マリクの余計 な工作を怒った。責任を感じたマリクは百万フランと交換に看護婦に案内させ、急を知らせに大佐を追った。大佐はクーパーとカミンスキー両者の追求に服毒し ており、マリクだけにマルセイユからフォーゲルを逃す計画を教えて死んだ。マリクは一人駅に急ぎ列車中で博士(O・E・ハッセ)に会った。おびえる彼は、 安価に製造可能で強力な自分の発明した原爆が、どちらかの陣営に渡る危険と苦悩を語った。しかし早くも両陣営の手は迫り、博士は車窓から鉄路に身を投じて しまった。マリクは病院にもどり、総てを警察に訴える決心をした。口がきけるようになった失語症患者リュシイ(ヴェラ・クルーゾー)が唯一の証人だ。その 相談中、彼の部屋の電話のベルがけたたましく鴫った。そうだ、この部屋の会話は盗聴されている筈だった。不気味に鳴りつづけるベルに彼は凝然とたちすくん だ。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (32)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Vera films

    海外製作作品 :

    Pretoria Film

    フランス国内配給 :

    Cinédis

    共同製作 :

    Filmsonor Marceau

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    チェコ作家エゴン・ホストフスキー原作『深夜の患者』に材をとり「ピカソ・天才の秘密」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督した、国際スパイ戦 をめぐって現代の一面を描いた作品。クルーゾーと「悪魔のような女」での協力者ジェローム・ジェロニミが脚本・台詞を共同執筆。「眼には眼を」のクリス チャン・マトラが撮影を監督し、「ピカソ・天才の秘密」のジョルジュ・オーリックが音楽を、「ノートルダムのせむし男」のルネ・ルヌーが美術をそれぞれ担 当した。出演者は「にがい勝利」のクルト・ユルゲンス、「最後の08/15」のO・E・ハッセ、シャンソン歌手でもあるジェラール・セティ、「歴史は女で 作られる」のピーター・ユスティノフ、「悪魔のような女」のヴェラ・クルーゾー、「アスファルト・ジャングル」のサム・ジャフェ、「ロマンス・ライン」の ポール・カーペンター、その他ガブリエル・ドルジア、ルイ・セニエ、ピエール・ラルケ、マーティタ・ハント、ジャン・ブロシャール等。製作ルイ・ド・マ スール。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (12)

    Assistant directors :

    Robert Menegoz, Michel Romanoff

    Screenwriters :

    Jérôme Géronimi, Henri-Georges Clouzot

    録音技師 :

    William-Robert Sivel

    撮影技師アシスタント :

    Gilbert Chain

    Editor :

    Madeleine Gug

    作曲家 :

    Georges Auric

    原作者 :

    Egon Hostovsky

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    Sound assistants :

    Maurice Remy, Arthur Van Der Meeren

    製作部長 :

    Philippe Senne

    スクリプト :

    Denise Morlot

    美術装飾 :

    René Renoux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    フィルム・ノワール

    テーマ :

    スパイ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1957

    フランス公開 :

    19/09/1957

    上映時間 :

    2 時間 17 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    18231

    ビザ発行日 :

    17/09/1957

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション