このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
素直な悪女

素直な悪女

A 長編映画 by Roger Vadim

Produced by Union Cinématographique Lyonnaise (UCIL), Cocinor, Productions Iena

Release in France : 28/11/1956

    あらすじ

    南仏サン・トロペーズの町の孤児ジュリエット(ブリジット・バルドー)は、子供のないモラン夫婦に引取られた。まだ十八歳という若さでいて、彼女のあふれ るばかりの性的魅力には、さまざまな男たちが集って来た。酒場の主人エリック(クルト・ユルゲンス)、内気で病弱なミシェル(ジャン・ルイ・トランティ ニャン)、その兄で美青年のアントワーヌなどで、おまけに中風で動けないモラン氏でさえ、日光浴中のジュリエットを盗み見て楽しむ始末だった。ジュリエッ トは男たちの中でも一番好意を持っているアントワーヌと、或る夜ダンスに行き、唇を許した。そして、商用でツーロンに行く彼に同行しようとまで考えたが、 アントワーヌが多情と聞くと、彼をさけてエリックのヨットに逃げた。傷心のアントワーヌは一人で旅立った。次第にジュリエットがねたましくなったモラン夫 人は、彼女を孤児院へ帰そうと決心した。これを知ったエリックが、彼女を町に留めておくため、ミシェルに彼女との結婚をすすめた。申し込みを受けはしたも のの、ジュリエットは彼を愛してはいなかった。しかし、彼の優しさと誠実さに、心底から夫を愛しはじめ、幸福な結婚生活が始った。そこヘアントワーヌが 帰って来た。それはミシェル夫婦を苛だたせるばかりだ。ジュリエットとアントワーヌは、憎みながらも、互に魅かれていたのだ。或る日、溺れかかったジュリ エットをアントワーヌが救ったことから、二人の感情が爆発した。二人の関係がミシェルに知れると、恥しさのあまりジュリエットは姿を消した。彼女を連れ戻 そうとするミシェルと、それをおしとどめるアントワーヌとの間に、激しい喧嘩が捲き起った。そのあと、キャバレーで酔いしれているジュリエットをみつけて ミシェルは、家に連れ帰った。あやまちを許し、温い心で迎え入れようというミシェルの愛の強さに、ジュリエットは、彼こそただ一人の男と知るのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (16)

    監督補佐 :

    Paul Feyder

    Screenwriters :

    Raoul Levy, Roger Vadim

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    撮影技師アシスタント :

    Marc Champion, Robert Florent

    製作部長 :

    Claude Ganz

    Assistant editor :

    Suzanne Cabon

    装飾 :

    Jean André

    スチールマン :

    Léo Mirkine

    Producers :

    Raoul Levy, Claude Vega, Ignace Morgenstern

    フォトディレクター :

    Armand Thirard

    Sound assistants :

    Maurice Dagonneau, Georges Vaglio

    撮影技師 :

    Louis Née

    編集担当 :

    Victoria Mercanton

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Paul Misraki

    演出助手 :

    Michel Choquet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    若者, エロチシズム

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1956

    フランス公開 :

    28/11/1956

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    18160

    ビザ発行日 :

    28/11/1956

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル