このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
穴

A 長編映画 by Jacques Becker

Produced by Play Art

Release in France : 21/03/1960

    あらすじ

     ジャック・ベッケル監督、傑作の1本。ラ・サンテ刑務所でもとりわけ厳戒な牢獄の一室。中には神父というあだ名を持つ最年長のヴォスラン、3度も脱獄歴 のあるローラン、目つきの鋭いマニュ、そして女好きなジェオがいた。そこへガスパールという新顔が入ってくる。地下に穴を掘るという脱獄計画を練っていた 4人は、迷いながらもガスパールを仲間に加えた。5人は綿密な準備のもとに穴を掘りすすめるが……。歯ブラシの柄に結わえ付けた鏡の破片、薬瓶を利用した 砂時計といった小道具や、コンクリートの地面を叩き砕く音、鉄格子をヤスリで切り落とす音、看守の足音といった効果音の演出がストイックなまでの緊張感を 高め、息を呑むラストシーンまで一分の隙もない、全編クライマックスの連続! 原作はジョゼ・ジョヴァンニが自らの脱獄経験を元にして書いた同名小説。そ のうちの一人である実際の脱獄囚ジャン=ケロディがそのまま出演している。

    Source : allcinema.net

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Play Art

    海外製作作品 :

    Titanus Produzione

    フランス国内配給 :

    Cinédis

    Associate producer :

    Filmsonor Marceau

    Film exports/foreign sales :

    Lumière International

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Le Trou is a 1960 French film directed by Jacques Becker. It is an adaptation of José Giovanni's 1957 book of the same name. It was called "The Night Watc"h when first released in the United States, but is released under its French title today. The film tells the true story of five prison inmates in La Santé Prison in France in 1947, where the men dig, tunnel, and saw in an attempt to escape.

    Director Becker, who died just weeks after shooting on the film had wrapped, used mostly non-actors for the main roles in the film, including one man (Jean Keraudy) who was actually involved in the 1947 escape attempt, and who introduces the film.[1] It was entered into the 1960 Cannes Film Festival.

    Source : Wikipedia

    クレジットタイトル詳細 (17)

    監督補佐 :

    Jean Becker

    Dialogue Writers :

    José Giovanni, Jacques Becker

    プロデューサー :

    Serge Silberman

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    撮影技師アシスタント :

    Jean-César Chiabaut, François Lauliac

    製作部長 :

    Georges Charlot

    編集アシスタント :

    Geneviève Vaury

    美術装飾 :

    Rino Mondellini

    演出助手 :

    Paul Laffargue

    Adapters/dialogue writers :

    José Giovanni, Jean Aurel, Jacques Becker

    原作者 :

    José Giovanni

    フォトディレクター :

    Ghislain Cloquet

    音声アシスタント :

    Maurice Dagonneau

    撮影技師 :

    Gilbert Chain

    Editor :

    Marguerite Houllé-Renoir

    作曲家 :

    Philippe Arthuys

    スチールマン :

    Henri Thibault

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    自由, 裁判

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1960

    フランス公開 :

    21/03/1960

    上映時間 :

    2 時間 12 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    21353

    ビザ発行日 :

    15/03/1960

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes International Film Festival - 1960

    Cannes International Film Festival (フランス, 1960)

    Selection

    Official Competition

    受賞

    French Syndicate of Cinema Critics - 1960

    French Syndicate of Cinema Critics (1960)

    French Syndicate of Cinema Critics Price