このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
There Was Once a Cop

There Was Once a Cop

A 長編映画 by Georges Lautner

Produced by Gaumont

Release in France : 11/02/1972

    あらすじ

    The police inspector in this movie (Michel Constantin) gets in over his head when he arranges to impersonate the (dead) relative of a drug lord. The dead man's wife and child do not take too kindly to his presence, and make his life miserable. What began as a simple sting operation becomes the focus of international attention by American drug agencies, the American Mafia, other local drug rings, and European police circles. Complicating matters are the attentions of other French police factions. The bad guys almost have their way, until they threaten the inspector's adopted family.

    Source : allmovie.com

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Gaumont

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    海外製作作品 :

    Rizzoli Film

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (9)

    監督補佐 :

    Claude Vital

    原作者 :

    Richard Caron

    Screenwriters :

    Francis Veber, Georges Lautner

    製作部長 :

    Robert Sussfeld

    作曲家 :

    Eddie Vartan

    せりふ作者 :

    Francis Veber

    プロデューサー :

    Alain Poiré

    フォトディレクター :

    Maurice Fellous

    スクリプト :

    Annie Maurel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    推理

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1971

    フランス公開 :

    11/02/1972

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    36336

    ビザ発行日 :

    10/02/1972

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル