このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
オルフェ

オルフェ

A 長編映画 by Jean Cocteau

Produced by Productions André Paulvé, Films du palais royal

Release in France : 29/09/1950

    あらすじ

    詩人オルフェ(J・マレエ)は、「詩人カフェ」に集る文学青年達の賞賛の的であった。或日このカフェに王女と呼ばれる女性(M・カザレス)が来、同 行者の詩人セジェストがオートバイにはねられて死んだので、オルフェに手伝わせて彼女は自分のロオルス・ロイスに死体をのせた。車が着いた建物で、王女は セジェストを生返らせて鏡の中に消えた。オルフェは鏡にぶつかって気を失い、目が覚めると建物はなくなっていた。車の運転手ウルトビイズ(F・ペリエ)を ゆり起してオルフェは妻のユウリディス(M・デア)の待つ我家へ帰ったが、彼の心は王女に飛んで、車のラジオから聞える暗号に耳を傾けるのに必死だった。 王女は夜毎オルフェの夢枕に現れたが、彼はそれに気付かなかった。ユウリディスは夫の心が自分から離れたと悲観していたが、或日オートバイにはねられて死 んだ。ウルトビイズからこれを聞いたオルフェは、手袋のおかげで鏡を通り抜け、死の国へ出かけた。そこでは裁判が開かれ、オルフェは二度と妻を見てはなら ぬという条件で、ユウリディスを連れ帰ることを許された。しかし彼女は再び夫の愛を取戻せぬことを知るとわざとオルフェを自分の方に向かせて、自ら姿を消 した。その時詩人達がおしよせ、友人セジェストを奪ったと非難してオルフェを殺した。王女は死の国の入口でオルフェを待っていたが、ついに自分の恋は生あ る人に返すべきことを悟ってオルフェをユウリディスの許に送り返すことにした。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Productions André Paulvé, Films du palais royal

    フランス国内配給 :

    Discina

    Film exports/foreign sales :

    Pandora

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Orpheus (French: Orphée) is a 1950 French film directed by Jean Cocteau and starring Jean Marais. This film is the central part of Cocteau's Orphic Trilogy, which consists of 詩人の血 (1930), オルフェ (1950) and オルフェの遺言 私に何故と問い給うな (1960). The trilogy has been released as a DVD boxed set by The Criterion Collection.

    Themes
    Throughout Orpheus , Cocteau uses very simple special effects and trick shots to show his characters passing into the world of death and back to life: They do so by stepping through mirrors, or else the film is reversed.

    Cocteau adds many elements from the culture of his time. For example, the messengers of the Princess of Death are grim, leather-clad motorcyclists. The underworld is represented by buildings in France which remained in ruins after World War II, and Orpheus's trial in the underworld is presented in the manner of an inquest held by officials of the German occupation attempting to discover members of the French resistance. At the very end of the film, the Princess and Heurtebise are prisoners, brought forward to face the tribunal, ominously elevated on a pedestal above them.

    Most notably, the element of the myth in which Orpheus looks back at Eurydice as she is being led out of the underworld, exactly what he was told not to do and which causes him to lose her, is represented by Orpheus happening to glance at Eurydice in the rear-view mirror of a car.

    In popular culture
    A film still was used for the cover of 1983 Smiths single, "This Charming Man". Parking, a film from 1985, was a remake of it.

    The clip for a-ha's Take on me was partly inspired by this movie.

    Sound bites of the messages on the radio are sampled in DJ Culture by Pet Shop Boys and by Tilt in the track 'Seduction of Orpheus'.

    The film is referenced explicitly in Canto IV of Geoffrey Hill's long poem "The Orchards of Syon".

    Trivia
    Ranked #84 in Empire magazine's "The 100 Best Films Of World Cinema" in 2010

    Source : Wikipedia

    Photos (22)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    監督補佐 :

    Claude Pinoteau

    プロデューサー :

    André Paulvé

    フォトディレクター :

    Nicolas Hayer

    撮影技師 :

    Noël Martin

    Editor :

    Jacqueline Sadoul

    Continuity supervisors :

    Sylvette Baudrot, Claude Vériat

    作曲家 :

    Georges Auric

    ナレーター :

    Jean Cocteau

    演出助手 :

    Jean-Marie Loutrel

    せりふ作者 :

    Jean Cocteau

    シナリオライター :

    Jean Cocteau

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    製作部長 :

    Emile Darbon

    Assistant editor :

    Hélène Basté

    装飾 :

    Jean D'eaubonne

    Costume designer :

    Marcel Escoffier

    スチールマン :

    Roger Corbeau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    死, 詩, 裁判

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1950

    フランス公開 :

    29/09/1950

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    9079

    ビザ発行日 :

    23/05/1950

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (6)

    監督

    映画祭でのセレクション (5)

    Istanbul Film Festival - 2000

    Istanbul Film Festival (トルコ, 2000)

    Selection

    2000:AT THE GILDEN FIFTIES

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1950

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1950)

    Selection

    公式コンペティション