このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
山猫

山猫

A 長編映画 by Luchino Visconti

Produced by Société Générale de Cinématographie (SGC), Pathé Distribution

Release in France : 04/06/1963

    あらすじ

    1860 年春。イタリア全土はブルボン王朝から、国王ビクトル・エマニュエルの統治下に入った。シシリー島の名門を誇っていたサリナ公爵(バート・ランカスター) にとって、政治的変動は大きなショックだった。そんなある日、サリナ家は田舎の別荘に出掛けた。一行の中、公爵の甥タンクレディ(アラン・ドロン)はブル ボン王朝側と戦った革命派で早くも公爵の娘コンセッタの心をとらえていた。一家が田舎に着くと村長のドン・カロゲロ(パオロ・ストッパ)が歓迎会を開い た。彼は新興ブルジョアの一人だ。コンセッタはタンクレディと結婚したいとまで考えていたが、村長の娘アンジェリカ(クラウディア・カルディナーレ)の出 現が、タンクレディをひきつけ、彼が求婚までしたと聞いて絶望した。タンクレディが所属連隊に復帰すると間もなく公爵に手紙を送り、アンジェリカとの挙式 の手配をしてくれと頼んだ。公爵夫人(リナ・モレリ)は彼を貴族を裏切るものだとののしった。公爵にとっては、娘の心の痛手もつらいがその縁組が、彼の貴 族としてのプライドの故に嫌悪とバツの悪さを意識した。タンクレディとアンジェリカは毎日のように会い、愛情は燃え上った。アンジェリカも平民の娘と思え ぬ程の気品を初めての舞踏会で漂わせた。その席で公爵は急に自分の老いと孤独を感じた。アンジェリカの求めに応じて踊ったものの、何となくその場にそぐわ ない気さえする。時代は代ったのだ。歴史の大きな歯車は少数の人間の意思とは全く無関係に回転していくものなのかもしれない。公爵はやがてくる自分の死を 考えていた。

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (4)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (9)

    Producers :

    Adrien Remaugé, Pierre Cabaud

    Foreign producers :

    Goffredo Lombardo, Pietro Notarianni

    編集担当 :

    Mario Serandrei

    装飾 :

    Mario Garbuglia

    Costume designer :

    Piero Tosi

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語, イタリア語, 英語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1963

    フランス公開 :

    04/06/1963

    上映時間 :

    3 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    26716

    ビザ発行日 :

    18/09/1963

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    Posters (8)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    オスカー  - 1964

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1964)

    Selection

    Oscar Nomination in the Best Costumes in a Color Film category : Piero Tosi

    受賞

    Website