このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
フレンチ・カンカン

フレンチ・カンカン

A 長編映画 by Jean Renoir

Produced by Franco-London Films

Release in France : 29/04/1955

    あらすじ

    一八八八年、パリ。興行師ダングラアル(ジャン・ギャバン)の経営する寄席〃シナ屏風〃から物語は始まる。モデル女をしていてダングラアルに見出され、こ の寄席のスターとなったロオラ(マリア・フェリクス)は烈しい気性そのままダングラアルを熱愛していた。しかし、彼の事業の出資者であるヴアルテル男爵が 彼女につきまとっていた。ある夜、モンマルトルへ行ったダングラアルは、”白い女王”というキャバレで、恋人のポオロとカンカン踊りに興ずる小娘ニニ(フ ランソワーズ・アルヌール)の新鮮さに驚かされ、カンカン踊りを新しいショーとして興行する決心をした。彼は早速〃シナ廉風〃を亮払い、〃白い女王〃を買 う契約をした。そしてフレンチ・カンカンと新しい名をつけ、ニニを説得して踊りの練習をさせた。”白い女王”は坂り壊され、その名も”ムウラン・ルウ ジュ”と改められた。グムウラン・ルウジュ〃の棟上式の日、ニニに嫉妬したロオラが喧嘩をしかけ、大乱斗となった。ダングラアルはニニのことで怨みをもつ ポオロから工事中の穴に突落され、重傷を負った。彼が退院した日、ロオラにそそのかされたヴアルテル男爵が出資を申止したことを知った。この絶望の日にダ ングラアルとニニは初めて結ばれた。しかし、かねてニニ思いを寄せていた近東の某国王子アレクサンドルの援助で”ムウラン・ルウジュ”の建設は着着と進め られた。嫉妬にもえるロオラは、アレクサンドルを連れて”ムウラン・ルウジュ”にやって来、ニニに王子の面前でダングラアルの情婦であることを白状させ た。失望した王子はピストル自殺を計ったが、未遂に終り、ニニに”ムウラン・ルウジュ”の権利書を渡して去って行った。後海したロオラも協力を約した。そ して、”ムウランー・ルウジュ”開場の日が来た。人人は開場前からどっと押寄せた。しかし、ニニは、ダングラアルの心が彼の発見した新しい歌手に移ったの を知って沈んでいた。いよいよ呼びもののカンカンが始まるというとき嫉妬にかられたニニは楽屋にこもって出演を拒絶した。観客は騒いだ。しかし、恋人がほ しければアレクサンドルに電報を打て、亭主がいるならポオロのところへ行け、というダングラアルの厳しい言葉に、ニニはカンカンに生きる自分の立場を知っ た。割れ返るような拍手のなかに飛び出たニニは何もかも忘れて踊り出していた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Videos (2)

    29/10/2014

    フレンチ・カンカン

    Trailer (english subtitles)

    20/09/2012

    フレンチ・カンカン

    Interview Pascal Mérigeau

    ジャン・ルノワールについての研究でRaymond Chirat (レモン・シラ) 受賞者Nouvel ObservateurジャーナリストPascal Mérigeau (パスカル・メリゴ) へのインタビュー

    俳優 (54)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Franco-London Films

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    海外製作作品 :

    Jolly Film

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Pour son retour en France après 15 ans d'exil aux Etats-Unis en Inde et en Italie, Renoir choisit un sujet typiquement Français : le French-cancan . Il s'agit toutefois non plus de l'ancien cancan mais du French-cancan revu avec un nom américain pour les bourgeois parisiens. On sent souvent le goût du spectaculaire hollywoodien (ses couleurs, son allant, l'esprit de revue) et sa morale du spectacle.

    "Le spectacle avant l'amour" tel pourrait bien être le message du film. Nini renonce au prince, un bel arbre sans fruit, au mariage avec Paulo, qui l'aurait gardé enfermée dans sa boulangerie, et même à l'amour exclusif de Danglard (scène du champagne à l'hôtel).

    Source : cineclubdecaen.com

    Photos (23)

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Pierre Kast

    原案 :

    André-Paul Antoine

    フォトディレクター :

    Michel Kelber

    編集担当 :

    Boris Lewin

    装飾 :

    Jean André

    美術装飾 :

    Max Douy

    Producers :

    Louis Wipf, Henry Deutschmeister

    シナリオライター :

    Jean Renoir

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    スクリプト :

    Ginette Courtois

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    Costume designer :

    Rosine Delamare

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    ダンス, 女らしさ, 愛

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1954

    フランス公開 :

    29/04/1955

    上映時間 :

    1 時間 47 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    9564

    ビザ発行日 :

    12/04/1955

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (15)

    監督

    ニュース (2)

    映画祭でのセレクション (4)

    Website (2)