このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Lovers of Montparnasse

The Lovers of Montparnasse

A 長編映画 by Jacques Becker

Produced by Franco-London Films

Release in France : 04/04/1958

    あらすじ

     マックス・オフュルスとアンリ・ジャンソンの企画だったモジリアニの伝記映画を、オフュルスの急逝で、J・ベッケルが脚本・監督に当たった彼の代表作。 '17年の春、モンパルナス。青年モジリアニは肺結核に冒され、また麻薬と飲酒の中毒でどん底の生活を送りながら、僅かの知己に支えられ画業に取り組んで いた。ある日彼は、ジャンヌ(A・エーメ)という画学生に街で出会い、激しい恋に落ちたが、彼女の父の反対で二人は引き裂かれ、絶望から彼は昏倒した。画 壇での唯一の理解者=画商ズボロフスキー(G・セティ)は彼を南仏ニースに静養させ、ジャンヌもそこへ家出して来る。幸福な半年を過ごしてパリに戻った彼 を待ち受けていたのは、再びの無理解と屈辱。個展は見事に失敗し、貧窮にあえいで、カフェで素描を5フランで売り歩くうち倒れた彼は、運ばれた病院で不帰 の人に。それを看取った冷酷な画商モレルは待ち構えていたかのように、その傑作の数々を買い叩くのだった。ジャンヌに彼の死を告げず……。エーメの清純な 美しさを初め、モジリアニを取り巻く女性たちもよく描かれ、悪魔的なモレルのL・ヴァンチュラの存在感が強烈な印象を残した。もちろん、この繊細で夭逝の 画家に貴公子フィリップがうってつけであったことは言うまでもない。

    Source : allcinema.net

    俳優 (30)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Franco-London Films

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    海外製作作品 :

    Astra Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    The Lovers of Montparnasse (French: Les Amants de Montparnasse), also known as Montparnasse 19, is a 1958 French-Italian drama film chronicling the last year of the life of the Italian painter Amedeo Modigliani who worked and died in abject poverty in the Montparnasse Quarter of Paris, France.

    It was originally directed by Max Ophuls, but he died of rheumatic heart disease while shooting interiors on the film, so his name was credited as dedicatee. His friend Jacques Becker took over after Ophüls's death and completed filming.

    There are at least two versions of the film; the longer version is about 2 hours long and has more scenes featuring the character of Léopold Zborowski.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (17)

    Assistant directors :

    Jean Becker, Serge Witta

    シナリオライター :

    Michel-Georges Michel

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    撮影技師アシスタント :

    Ernest Bourreaud

    製作部長 :

    Ralph Baum

    Editor :

    Marguerite Houllé-Renoir

    作曲家 :

    Paul Misraki

    Costume designers :

    Georges Annenkov, Jacques Heim

    演出助手 :

    André Hoss

    プロデューサー :

    Henry Deutschmeister

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    Sound assistants :

    Marcel Courmes, Maurice Dagonneau

    撮影技師 :

    Gilbert Chain

    報道担当(映画) :

    Richard Balducci

    スクリプト :

    Sophie Thevenet-Becker

    美術装飾 :

    Jean D'eaubonne

    スチールマン :

    Henri Thibault

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    絵画

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1958

    フランス公開 :

    04/04/1958

    上映時間 :

    2 時間 3 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    19815

    ビザ発行日 :

    05/04/1958

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション