このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ゲームの規則

ゲームの規則

A 長編映画 by Jean Renoir

Produced by NEF - Nouvelles Éditions de Films

Release in France : 08/07/1939

    あらすじ

    ブールジェ飛行場に到着した飛行家アンドレ・ジュリユー(ローラン・トゥータン)は、熱狂した群衆に迎えられた。彼は大西洋を23時間で横断したのだ。し かし、彼は差し出されたマイクに「自分がこの冒険に挑んだのはある女性のためだったが、その彼女が出迎えに来ていない」と不満を表明した。その女性、ラ・ シェネイ候爵夫人クリスチーヌ(N・グレゴール)は、パリの邸で小間使いのリゼット(ポーレット・デュボー)に着替えを手伝わせながら、そのラジオ放送を 聞いていた。夫のロベール(マルセル・ダリオ)を含め、二人の仲は社交界で周知の事実なのだ。ロベールもまた、愛人ジュヌビエーブ(ミラ・パレリー)と秘 かに関係を続けていた。アンドレの親友であり、クリスチーヌの相談相手でもあるオクターブ(ジャン・ルノワール)は、クリスチーヌに働きかけ、ラ・シュネ イ家の領地コリニエールで催される狩猟の集いにアンドレを招待させる。コリニエールの密猟監視人シュマシェール(ガストン・モド)は妻のリゼツトと別居し ているのが不満の種だが、ある日、密猟人のマルソー(ジュリアン・カレット)をつかまえる。そこに通りかかったロベールは、マルソーが気に入り使用人とし てやとうことにした。狩猟の日、ジュヌビエーブと別れることにしたロベールは彼女と別れのキスを交す。それを偶然に目撃したクリスチーヌの目には、密会の ようにうつった。翌日、クリスチーヌは彼女に愛を打ち明けるサン=オーバン(ピエール・ナイ)と姿を消し、アンドレはサン=オーバンを殴る。台所ではマル ソーがリゼットを口説いているのをみて、シュマシェールが追いかけまわす。候爵はクリスチーヌとアンドレが抱き合っているのを見つけ、アンドレを殴り倒し た。大混乱のあと、平静を取りもどしたロベールはアンドレと和解し、騒ぎをおこしたシュマシェールとマルソーを解雇した。解雇された二人が庭で話しあって いると、ベランダにオクターブとリゼットの姿が見えた。実はそれはリゼットのマントをはおったクリスチーヌだった。クリスチーヌはオクターブに、自分が本 当に愛しているのは貴方だと打ちあけた。二人は一緒に逃げる約束をし、オクターブはコートを取りにもどる。しかし、リゼットにたしなめられ、アンドレに出 くわしたオクターブはコートを彼に渡した。嫉妬にかられたシュマシェールの銃が火を吹き、アンドレはその場で息絶えた。ロベールは、この事件を、仕事熱心 な密猟監視人が職務に忠実なあまり起した事故として処埋。お客も何事もなかったかのように、それぞれの部屋に引き返すのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Cinexport

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    The Rules of the Game (original French title: La Règle du jeu) is a 1939 French film directed by Jean Renoir about upper-class French society just before the start of World War II. He originally adapted the story from Alfred de Musset's Les Caprices de Marianne, a popular 19th-century comedy of manners: "My first intention was to film a transposition of Caprices de Marianne to our time. It is the story of a tragic mistake: the lover of Marianne is taken for someone else and is bumped off in an ambush".[1] He was also inspired by Jeu de l'amour et du hasard of Marivaux, by Molière, and took some details from Beaumarchais: the quotation at the beginning of the film comes from Le Mariage de Figaro

    The Rules of the Game is often cited as one of the greatest films in the history of cinema.

    The Rules of the Game is noted for its use of deep focus so that events going on in the background are as important as those in the foreground. In a 1954 interview with Jacques Rivette and François Truffaut, reprinted in Jean Renoir: Interviews, Renoir said "Working on the script inspired me to make a break and perhaps get away from naturalism completely, to try to touch on a more classical, more poetic genre." He wrote and rewrote it several times, often abandoning his original intentions altogether upon interaction with the actors having witnessed reactions that he hadn't foreseen. As a director he sought to "get closer to the way in which characters can adapt to their theories in real life while being subjected to life’s many obstacles that keep us from being theoretical and from remaining theoretical".

    The film's style has had an impact on numerous filmmakers. One example is Robert Altman, whose Gosford Park copies many of Rules of the Game's plot elements (a story of aristocrats in the country, aristocrats and their servants, murder) and pays homage with a direct reference to the infamous hunting scene, or "la chasse", in which no one moves but the help.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (10)

    プロデューサー :

    Jean Renoir

    フォトディレクター :

    Alain Renoir

    製作部長 :

    Claude Renoir

    Production designers :

    Max Douy, Eugène Lourie

    スチールマン :

    Jean Bachelet, Sam Levin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1939

    フランス公開 :

    08/07/1939

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    266

    ビザ発行日 :

    31/12/1944

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル