このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
男と女

男と女

A 長編映画 by Claude Lelouch

Produced by Les Films 13

Release in France : 27/05/1966

    あらすじ

    アンヌ(アヌーク・エーメ)はパリで独り暮し。夫をなくして、娘はドービルにある寄宿舎にあずけてある。年はそろそろ三〇歳。その日曜日も、いつも楽しみ にしている娘の面会で、つい長居してしまい、パリ行きの汽車を逃してしまった。そんなアンヌに声をかけたのはジャン・ルイ(ジャン・ルイ・トランティニャ ン)彼も三〇前後で、息子を寄宿舎へ訪ねた帰りだった。彼の運転する車でパリへ向う途中、アンヌは夫のことばかり話しつづけた。その姿からは夫が死んでい るなどとは、とてもジャン・ルイには考えられなかった。一方彼はスピード・レーサーで、その妻は彼が事故を起したとき、ショックから自殺への道を選んでい た。近づく世界選手権、ジャン・ルイは準備で忙しかったが、アンヌの面影を忘れられなかった。次の日曜も自分の車でドービルへ…と電話をかけた。肌寒い日 曜日の午後、アンヌ、ジャン・ルイ、子供たらの四人は明るい笑いにつつまれていた。が同時に、二人はお互いの間に芽生えた愛をかくしえなかった。血と汗と 泥のレースを終えたとき、ジャン・ルイはアンヌからの電報を受けとった。それには、愛してます--と書いてあった。彼はすぐに車を駆ってパリへ、そして ドービルへ。二人は砂浜で身体をぶっつけ合い、その夜は安宿のベッドに裸身をうずめた。だが愛が高まったとき、思いもかけずアンヌの脳裡に割りこんできた のは、死んだ夫の幻影だった。二人は黙々と着物を着た。アンヌは汽車で、ジャン・ルイは自動車でパリへ向った。しかしアンヌを忘られぬ彼は、彼女を乗換え 駅のホームに待った。思いがけぬ驚きと喜びをひとつにして、アンヌはジャン・ルイにとびついた。凍てついた空気の中での口づけ。それは最後の口づけかも知 れなかった。だが二人には、そんなことはどうでもよかった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films 13

    フランス国内配給 :

    United Artists

    Film exports/foreign sales :

    Les Films 13

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (14)

    監督補佐 :

    Claude Gorsky

    Screenwriters :

    Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven

    フォトディレクター :

    Jean Collomb

    撮影技師アシスタント :

    Daniel Lacambre

    Production managers :

    Roger Fleytoux, Pierre Pardon

    Assistant editor :

    Marie-Claude Lacaombre-poyer

    作曲家 :

    Francis Lai

    プロデューサー :

    Claude Lelouch

    あてレコ :

    Gérard Sire

    Sound recordists :

    Jean Baronnet, Michel Fano

    Camera operators :

    Claude Lelouch, Patrice Pouget

    編集担当 :

    Claude Barrois

    装飾 :

    Robert Luchaire

    Singers :

    Pierre Barouh, Nicole Croisille

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ, ロマンス, ドラマ

    テーマ :

    愛, スポーツ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1966

    フランス公開 :

    27/05/1966

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    31146

    ビザ発行日 :

    18/05/1966

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    ニュース (4)

    映画祭でのセレクション (10)

    受賞 (2)

    オスカー  - 1967

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1967)

    賞 (2)

    セザール最優秀外国映画賞

    Oscar for Best Original Screenplay : Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven

    Cannes International Film Festival - 1966

    Cannes International Film Festival (フランス, 1966)

    賞 (2)

    Palme d’Or

    20th Anniversary of the International Film Festival - Grand Prize