このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
モラン神父

モラン神父

A 長編映画 by Jean-Pierre Melville

Produced by Rome-Paris Films

Release in France : 15/09/1961

    あらすじ

    時は第二次世界大戦下。かつてコミュニストの闘志だったバルニー(リヴァ)は、アルプスの村に逃げ込んできた。その村には小さな教会があった。バルニーは宗教を嘲弄してやろうと、その教会の告解室に入る。そこには若い神父モランがいた。心動かされたバルニーは、モランが彼女に課した償いの行を拒絶することが出来なくなってしまう。彼女はモランの訪問を重ねていくうちに、彼を愛するようになってしまう。しかし、モランは神への誓いを破ることができない。やがて彼らは自分たちの運命を受け入れて、別れを決意する・・・。

    Source : amazon.co.jp

     

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Rome-Paris Films

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    第2次大戦下、かつてはコミュニストの闘士であった無心論者の女性は若き神父との出会いと対話により自らの行い、生き方を見つめなおし、また神父に好意を寄せるようになる。1960年の『勝手にしやがれ』以来名を知られるようになっていたジャン=ポール・ベルモンドと初めて組んだ作品で、この後、ベルモンドは引き続き2本のメルヴィル映画に主演する。ベルモンド演じる若く知的で、ドン・ファン的とさえ言える神父モランに徐々に惹かれていく相手役の女性には、アラン・レネの『ヒロシマ・モナムール』へのオマージュとしてエマニュエル・リヴァがメルヴィルによって抜擢された。

    Source : institut.jp

    クレジットタイトル詳細 (12)

    Assistant directors :

    Jacqueline Parey, Volker Schlöndorff, Bertrand Tavernier

    Producers :

    Carlo Ponti, Georges de Beauregard

    フォトディレクター :

    Henri Decaë

    撮影技師 :

    Jean Rabier

    作曲家 :

    Martial Solal

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    テーマ :

    宗教

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1961

    フランス公開 :

    15/09/1961

    上映時間 :

    2 時間 10 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    24334

    ビザ発行日 :

    21/09/1961

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル