このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
たそがれの女心

たそがれの女心

A 長編映画 by Max Ophuls

Produced by Franco-London Films, Indusfilms

Release in France : 16/09/1953

    あらすじ

    過ぎし雅かな時代、パリに一人の貴婦人がいた。名はマダム・ド……(ダニエル・ダリュー)。彼女は内緒の借金に 困って将軍である夫ムッシュウ・ド……(シャルル・ボワイエ)との結婚記念のダイヤの耳飾りをひそかに売り、夫にはオペラ見物の際落したといい立てた。新 聞が「劇場で盗難」と書きたてたので、買い取った宝石商(ジャン・ドビュクール)はあわてて将軍に真相を告げた。将軍は耳飾りを買取り、折しも国外へ旅立 つ情婦ローラに餞別として与えたが、耳飾りはコンスタンチノープルで賭博に負けた彼女の手を離れ、次にパリに赴任する大使ドナティ男爵(ヴィットリオ・ デ・シーカ)が買取った。男爵はパリでマダム・ド……と恋に落ちその耳飾りを贈った。二人の仲を知った将軍は、耳飾りを外交官に返して事情を話し、宝石商 に売らせ、改めて自分が買戻した。将軍は、これを男爵との恋に破れて半病人の様な生活を送っている夫人に与えたものの、すぐ貧しい姪エリザベスに贈るよう 命じた。しかし夫人は、姪が耳飾りをすぐ売払ったことを聞くと財産のすべてを売払って買戻した。将軍は言葉の端にも男爵を思いつめている彼女の気持をどう することもできなかった。クラブで将軍と男爵は軍隊と外交について激論し、将軍は遂に決闘を宣言した。将軍は名だたる射撃の名人であったが男爵の心は既に 決っていた。決闘は挑戦者から射つしきたりであった。病をおして決闘場へかけつけるマダム・ド……の耳を、一発目の銃声がつんざいたが、二発目は聞えず、 彼女は苦しそうに崩折れた。--教会の祭壇に読みとれる「寄進マダム・ド……」の文字、これが運命の耳飾りの行きついた所であった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (35)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Franco-London Films, Indusfilms

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    海外製作作品 :

    Rizzoli Film

    French distributors :

    Gaumont, Rank

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Henri Bérard, Henry Deutschmeister

    Adapter/dialogue writer :

    Annette Wademant

    原作者 :

    Louise de Vilmorin

    海外プロデューサー :

    Angelo Rizzoli

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    製作部長 :

    Henri Baum

    スクリプト :

    Francine Corteggiani

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    スチールマン :

    Raymond Voinquel

    Assistant directors :

    Alain Jessua, Ully Pickardt, Marc Maurette, Tony Aboyantz

    せりふ作者 :

    Marcel Achard

    Screenwriters :

    Marcel Achard, Max Ophuls, Annette Wademant

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    撮影技師 :

    Alain Douarinou

    編集担当 :

    Boris Lewin

    装飾 :

    Jean D'eaubonne

    Costume designers :

    Georges Annenkov, Rosine Delamare

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1953

    フランス公開 :

    16/09/1953

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    13793

    ビザ発行日 :

    16/09/1953

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル