このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
大いなる幻影

大いなる幻影

A 長編映画 by Jean Renoir

Produced by Les Réalisations d'Art Cinématographique (RAC)

Release in France : 04/06/1937

    あらすじ

    J・ルノワールというと、とかくこのヒューマンな映画ばかり思い起こされてしまう時代があった。が、「ゲームの規則」や「黄金の馬車」などに較べると、お行儀がよすぎる感もある。第一次大戦のさなか、マレシャル大尉(フレネー)は敵情視察に飛び、ドイツ軍の捕虜となる。下町の機械工だった中尉と貴族出の大尉ではなにかと溝があり、収容所で一緒になった連中とも打ち解けないままに、脱走計画が企てられ、一同は団結する。裕福なユダヤ人のロザンタールの家から送られた慰問物資の缶詰めが穴を掘るシャベルとなった。慰安演奏会の夜、占領されていたドーモン奪回の報が届く。中尉は感激に舞台に飛び上がって“ラ・マルセイエーズ”を高らかに歌い、一同はそれに和して涙する。が、首謀者の中尉は営倉入り。初めはハンストしていた彼が監視の老兵とハーモニカで心を通わせる。そして、いざ脱出路貫通の間際に別の収容所へ移送される一同。代わりに入る捕虜たちに脱出路の事を伝えようとするが叶わない。スイス国境に近いケーニヒスブルグの古城が次の彼らの向かう先。そこの所長は中尉たちを撃墜したフォン・ラウフェンシュタイン(シュトロハイム)で、大尉とは貴族同士の語らいを持つ。そして、捕虜たちは中尉とロザンタールだけでも逃がそうと行動を起こし、大尉が図らずも所長の銃に撃たれ犠牲となる。脱出に成功した二人は、やはり夫を戦地に送り出した子持ちの人妻エルザ(D・パーロ)に匿われ、無事スイス側へと逃げ延びる……。戦争がまだ紳士的であった時代の残り香漂う、人間交響楽的な作品である。

    Source : allcinema.net

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (3)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (8)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    According to Renoir's memoirs, von Stroheim, despite being born in Vienna, Austria (then the Austro-Hungarian Empire) did not speak much German, and struggled with learning the language along with his lines in between filming scenes.

    The exteriors of "Wintersborn" were filmed at the Haut Koenigsbourg Castle in Alsace. Other exteriors were filmed at the artillery barracks at Colmar (built by Wilhelm II) and at Neuf-Brisach on the Upper Rhine.

    An early script version had Rosenthal and Maréchal agreeing to meet in a restaurant at the end of the war. In the final scene, everyone there would be celebrating the armistice, but instead of these men, there would be two empty chairs at a table.

    Renoir was a French aviator during World War I. Gabin wears Renoir's uniform in the film.

    In Grand Illusion, director Jean Renoir uses the First World War (1914–1918) as a lens through which to examine Europe as it faces the rising spectre of fascism (especially in Nazi Germany) and the impending approach of the Second World War (1939–1945). Renoir's critique of contemporary politics and ideology celebrates the universal humanity that transcends national and racial boundaries and radical nationalism, suggesting that mankind's common experiences should prevail above political division, and its extension: war.

    On the message of the film, Renoir himself said, in a film trailer dating from the re-release of the film in 1958: "Grand Illusion is a story about human relationships. I am confident that such a question is so important today that if we don’t solve it, we will just have to say ‘goodbye’ to our beautiful world."

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (10)

    Assistant directors :

    Jacques Becker, Robert Rips

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    撮影技師アシスタント :

    Jean Bourgoin, Claude Renoir

    スクリプト :

    Françoise Giroud

    美術装飾 :

    Eugène Lourie

    Screenwriters :

    Charles Spaak, Jean Renoir

    録音技師 :

    Joseph De Bretagne

    Editors :

    Marguerite Houllé-Renoir, Marthe Huguet

    作曲家 :

    Joseph Kosma

    スチールマン :

    Sam Levin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理劇

    テーマ :

    戦争, 自由

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1937

    フランス公開 :

    04/06/1937

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    3971

    ビザ発行日 :

    20/03/1946

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (7)

    オスカー  - 1939

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1939)

    Selection

    Nomination for Best Motion Picture of the Year

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1937

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1937)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞

    オスカー  - 1939

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1939)

    Academy Award for Best Film