このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
La Kermesse héroïque

La Kermesse héroïque

A 長編映画 by Jacques Feyder

Release in France : 03/12/1935

    あらすじ

     ユニークな着想の物語だが、その面白さに寄りかかって、映画的には大分やせた作品という印象を抱かざるをえない。17世紀初頭、フランドル地方のボーム 市は、スペインの虚名の統治下ゆえの繁栄を享受していたが、年に一度の祭りを明日に控え、浮き足立っている所に、凶暴で名を馳せるスペイン軍来訪の報を聞 く。不甲斐ない役人どもは市政の表舞台から姿をくらまし難を逃れようと、突然の市長の死をでっち上げた。男はみな服喪し、公の場には出てこないとなれば、 もてなしは女の役目となり、予想外に穏やかなスペイン兵たちはよろしく歓待され、何の波乱も起こさず、一年の免税措置の恩典まで市に与え去っていく。賢明 な市長夫人は“すべて夫の功績”と、彼をバルコニーの挨拶に立たせほくそ笑むのだった。フェミニンなムードは装いだけで、機知は鈍く、諷刺もまだるっこし い。ただ、L・メールソンの厚みのある美術の完成度は、それ自体で一つの美を構築している。

    Source : allcinema.net

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant directors :

    Marcel Carné, Charles Barrois

    原作者 :

    Charles Spaak

    フォトディレクター :

    Harry Stradling

    撮影技師アシスタント :

    André Thomas

    製作部長 :

    Pierre Guerlais

    Production Designers :

    Lazare Meerson, Alexandre Trauner, Georges Wakhevitch

    Costume designer :

    Georges K. Benda

    せりふ作者 :

    Bernard Zimmer

    Screenwriters :

    Charles Spaak, Robert A. Stemmle, Jacques Feyder

    録音技師 :

    Hermann Storr

    撮影技師 :

    Louis Page

    編集担当 :

    Jacques Brillouin

    作曲家 :

    Louis Beydts

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー, 歴史的

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ)

    製作年 :

    1935

    フランス公開 :

    03/12/1935

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    1814

    ビザ発行日 :

    31/08/1940

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1936

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1936)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1936

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1936)

    International Award - Best Director : Jacques Feyder