このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Z

Z

A 長編映画 by Costa-Gavras

Produced by Galatée Films, KG Productions, Reggane Films

Release in France : 26/02/1969

    あらすじ

    地中海に面した架空のある国で、反政府の勢力が日増しに大きくなっていった。その指導者はZ氏(Y・モンタン)で あった。大学教授であり、医学博士であった彼は、党員ではなかったが、正義への情熱に燃える彼の行動は、政府を脅やかしていた。その為、政府は彼の日常 に、さまざまに圧力を加えていた。そうしたある日、町で開かれた集会に、演説に向かった彼は、暴漢に襲われ、妻エレーヌ(I・パパス)の到着を前に、息を ひきとってしまった。警察と憲兵隊では、自動車事故から起きた脳出血が、彼の死因であると発表。予審判事(J・L・トランティニャン)も事故死と判定し、 訴訟を打ち切ろうとしたが、Z氏の友人たち、エール(J・P・ミケル)、マット(B・フレッソン)、ピルゥ(J・ブィーズ)、マニュエル(C・デネール) の証言から、本格的調査に乗り出した。そして、直接の死因が二度の頭部打撲と判明、さっそく運転手のヤゴ(R・サルバトーリ)が逮補された。そして家具師 のニック(G・ジェレ)が、ヤゴの犯行を裏づける証言をしたが、その彼も暴漢に襲われ、入院してしまった。判事は調査を急いだ。そして、ニックを取材した 新聞記者(J・ペラン)も、判事に協力。やがて、マニュエル、ピルゥ、ヤゴともう一人の運転手ガヤ(M・ボズフィ)が、警察組織の一員らしいことをつきと めた。もはや、政治的な計画殺人の容疑は濃厚であった。ついに、判事は意を決し、警察組織の要人を告訴。だが、この時、七人の重要な証人が突然行方不明に なり、それとタイミングをあわせるように当局は、Z氏事件は警察組織とは無関係であると発表した。権力はその無気味な力で事件を闇の中につつみこみ、その 混乱に乗じて権力増大をはかった。しかし、古代ギリシャ語の《Z》は象徴している、彼は生きていると。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Galatée Films, KG Productions, Reggane Films

    Film exports/foreign sales :

    KG Productions

    海外製作作品 :

    Office National Commerce Industrie Cinéma (ONCIC)

    フランス国内配給 :

    Valoria Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    製作代表 :

    Jacques Perrin

    原作者 :

    Vassilis Vassilikos

    Associate producers :

    Eric Schlumberger, Philippe d'Argila

    海外プロデューサー :

    Ahmed Rachedi

    フォトディレクター :

    Raoul Coutard

    Camera operators :

    Georges Liron, Jean Garcenot

    Editor :

    Françoise Bonnot

    スクリプト :

    Annie Maurel

    作曲家 :

    Mikis Theodorakis

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    監督補佐 :

    Philippe Monnier

    プロデューサー :

    Jacques Perrin

    Screenwriters :

    Jorge Semprun, Costa-Gavras

    あてレコ :

    François Chaumette

    録音技師 :

    Jean Nény

    製作部長 :

    Hubert Mérial

    音声編集担当 :

    Michèle Boehm

    装飾 :

    Jacques D'Ovidio

    スタントマン :

    Yvan Chiffre

    スチールマン :

    Félix Le Garrec

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    政治, 刑務所

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, アルジェリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, アルジェリア)

    製作年 :

    1968

    フランス公開 :

    26/02/1969

    上映時間 :

    2 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    34695

    ビザ発行日 :

    25/02/1969

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    BIFF - 2009

    BIFF (韓国, 2009)

    Selection

    選出作品

    オスカー  - 1970

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1970)

    Selection (4)

    Nomination for Best Motion Picture of the Year

    Nomination for Best Foreign Language Film : Costa-Gavras

    Nomination for Best Editing : Françoise Bonnot

    Academy Award nomination for Best Director : Costa-Gavras

    Cannes International Film Festival - 1969

    Cannes International Film Festival (フランス, 1969)

    Selection

    Official Competition

    受賞 (2)

    オスカー  - 1970

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1970)

    賞 (2)

    セザール最優秀外国映画賞 : Costa-Gavras

    Oscar for Best Editing : Françoise Bonnot

    Cannes International Film Festival - 1969

    Cannes International Film Festival (フランス, 1969)

    賞 (2)

    Best Performance for an Actor : Jean-Louis Trintignant

    審査員賞