このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Who Cares: Anatomy of a Delivery Boy

Who Cares: Anatomy of a Delivery Boy

A 長編映画 by Claude Faraldo

Produced by Marianne Productions, Albina Productions, Filmanthrope

Release in France : 17/03/1971

    あらすじ

    A sensual young man begins his working life as a delivery boy. Later, as a married man, his father moves into the household. Everyone seems content when the father asks to occasionally have sex with his son's wife. Their contentment only increases when the father brings home a young street criminal, and they are able to add to the variety of their joinings. The son has become a truck driver by this time. One day after an accident, he abandons his truck on the street and he and his whole menage head south.

    俳優 (13)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Marianne Productions, Albina Productions, Filmanthrope

    フランス国内配給 :

    Cinema International Corporation (CIC)

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    クレジットタイトル詳細 (11)

    Assistant directors :

    Robin Davis, Anne Mirman

    フォトディレクター :

    Sacha Vierny

    Camera operators :

    Yves Lafaye, Lionel Legros

    Editors :

    Marie-Geneviève Ripeau, Jocelyne Triquet

    作曲家 :

    Jean Guerin

    サウンド・ミキサー :

    Paul Bertault

    シナリオライター :

    Claude Faraldo

    Sound recordists :

    François Carré, Claude Jauvert

    製作部長 :

    Jean-Claude Bourlat

    装飾 :

    Pierre Guffroy

    Foley artists :

    Jean-Pierre Lelong, Robert Pouret

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1971

    フランス公開 :

    17/03/1971

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    37412

    ビザ発行日 :

    16/03/1971

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル