このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ミモザ館

ミモザ館

A 長編映画 by Jacques Feyder

Produced by Films Sonores Tobis

Release in France : 16/01/1935

    あらすじ

     かつてトリュフォーが、フランス映画の最も忌むべき系譜と糾弾したフェデー=スパークのコンビの名作。フェデーの夫人だったロゼーの存在感が凛として作 品を支え、やはり魅力ある映画と言えよう。'24年、南仏の海沿いの町で下宿屋ミモザ館を営むルイズ(ロゼー)は、お人好しの夫に代わって女将として宿を 切り盛りしている。二人に子供はなく、親と離別した坊やを引き取って育てたが、やがて彼はパリの実父が連れ帰った。10年後、成長したその男の子ピエール (ベルナール)は賭博に耽る自堕落な生活を送り、心配したルイズは彼を連れ戻す。が、密通していた親分の情婦ネリーもその後を追う。ルイズが母としてでは なく、一人の女としてピエールを愛していることを指摘したネリーは、彼女に敵意を剥き出しにし、ルイズは秘かにパリの親分を呼び寄せ、ネリーを引き渡す。 一方、相変わらず浮ついた暮らしのピエールは勤め先の使い込みがバレてしまい、ルイズはそれを償うため初めて趣いたカジノで、イチかバチかの賭けを当て大 金を得るが、その頃には、ネリーを失った衝撃でピエールは自殺を選んでいた……。単純なメロドラマの図式からいたずらに逸脱しようとする“心理的リアリズ ム”のごまかしが煩く感じられる作品である。

    Source : allcinema.net

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Films Sonores Tobis

    フランス国内配給 :

    Films Sonores Tobis

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Assistant directors :

    Marcel Carné, Ary Sadoul

    Screenwriters :

    Jacques Feyder, Charles Spaak

    録音技師 :

    Hermann Storr

    装飾 :

    Lazare Meerson

    Producers :

    Alexandre Kamenka, Georges Lourau, Hans Henkel

    フォトディレクター :

    Roger Hubert

    編集担当 :

    Jacques Brillouin

    作曲家 :

    Armand Bernard

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1935

    フランス公開 :

    16/01/1935

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    2420

    ビザ発行日 :

    02/10/1946

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル