このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
歴史は女で作られる

歴史は女で作られる

A 長編映画 by Max Ophuls

Produced by Gamma-Film

Release in France : 23/12/1955

    あらすじ

    十九世紀のパリ--ロラ・モンテス(マルティーヌ・キャロル)は、美しい少女だった。母親の恋人ジェームズ(イヴァン・デニ)はロラへの恋情に耐え がたく、ある日、ロラを誘って駈け落ちした。母と離れ、愛情もない男の情婦となったロラの生活は長く続かず彼女は逃れて文なしのまま、自由の世界へと飛び 出した。こうしてロラの男から男への遍歴が始まった。彼女は不幸を招く女と言われて、華やかな醜聞の旋風を捲き起しつつ、全欧を歩き廻った。リスト(ウィ ル・キャドフリーグ)もロラを愛した一人だった。彼は彼女の為にいくつかの歌を作曲したが、やがてロラから去って行った。ロラはロシアに行き湯水の様に金 を使ったので、ドイツに現われた時は無一文に近かった。そこで、ロラはババリア王ルイ一世(アントン・ウォルブルック)に近づき、誘惑しようと決心した。 ロラの計画は見事成功し王はロラの魅力の虜になった。ロラは心の美しい王を心から愛し、貞淑な妻のように仕えたが、反対者たちは彼女の追放を叫び、革命ま で勃発した。ロラは彼女に想いを寄せる学生(オスカー・ヴェルナー)に助けられ、宮殿から脱出した。彼は二人で新らしい人生へ出直そうとロラを説き、ロラ もこの学生となら静かな汚れない人生を送れると思ったが、青年の将来を考えて諦らめた。ロラは旅のサーカスに身を投じた。ブランコの芸を演じるロラの姿 を、かつて世界中に醜聞をまいた女として、ニュー・オルリンズの男たちは見守った。調馬師(ピーター・ユスティノフ)の口上がひびく。ロラにはもう欲望も 野心もなかった。ブランコ台のロラは、うつろな声で“ありがとう"とつぶやいていたが、その口もとには微笑さえ浮んでいた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (31)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Gamma-Film

    Film exports/foreign sales :

    Cinexport, Wide

    共同製作 :

    Florida Films

    French distributors :

    Sophie Dulac Distribution, Gamma-Film

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (22)

    Assistant directors :

    Claude Pinoteau, Marcel Wall, Tony Aboyantz, Ully Pickardt, Marcel Ophüls, Alain Jessua

    せりふ作者 :

    Jacques Natanson

    Producers :

    Albert Caraco, André Haguet

    海外プロデューサー :

    Anton Schelkopf

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    撮影技師 :

    Alain Douarinou

    報道担当(映画) :

    Annie Maurette

    Assistant editor :

    Etiennette Muse

    装飾 :

    Jean D'eaubonne

    作曲家 :

    Georges Auric

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    Adapters/dialogue writers :

    Annette Wademant, Max Ophuls

    原作者 :

    Cécil Saint-Laurent

    シナリオライター :

    Max Ophuls

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    撮影技師アシスタント :

    Ernest Bourreaud

    製作部長 :

    Ralph Baum

    Editors :

    Madeleine Gug, Jacqueline Sadoul

    スクリプト :

    Lucie Lichtig

    美術アシスタント :

    Willy Schatz

    Costume designer :

    Georges Annenkov

    スチールマン :

    Raymond Voinquel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    サーカス

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    50%フランス (フランス, ドイツ)

    製作年 :

    1955

    フランス公開 :

    23/12/1955

    上映時間 :

    1 時間 56 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    15.936

    ビザ発行日 :

    22/12/1955

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    2.35

    Audio format :

    Digital DTS