このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
陽は昇る

陽は昇る

A 長編映画 by Marcel Carné

Produced by Productions Sigma

Release in France : 09/06/1939

    あらすじ

    霧の波止場」、「天井桟敷の人々」などで知られるフランスの“詩的リアリズム”のコンビ、カルネ=プレヴェールによる哀愁漂う悲劇。嫉妬心から殺人を 犯した男が、警察に包囲された情況の中で、過去を回想しながら、やがて自らに命を絶つまでを描く。47年にアメリカで「朝はまだ来ない」(主演ヘンリー・ フォンダ)としてリメイクされた。

    俳優 (27)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Productions Sigma

    フランス国内配給 :

    Les Films Vog

    Film exports/foreign sales :

    STUDIOCANAL

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Le Jour se lève was released in France in June 1939 and shown in the US the following year. In France, however, the film was banned in 1940 by the Vichy government on the grounds it was demoralizing and had contributed to the nation's defeat.[1] After the war's end, the film was shown again to wide acclaim.

    In 1947, it was again suppressed when RKO Radio Pictures wanted to remake the film in Hollywood (as The Long Night). The company acquired the distribution rights of the French film and sought to buy up and destroy every copy of the film that they could obtain. For a time it was feared that that they had been successful and that the film was lost, but it re-appeared in the 1950s and has subsequently stood alongside Les Enfants du paradis as one of the finest achievements of the partnership of Carné and Prévert.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Pierre Blondy

    せりふ作者 :

    Jacques Prévert

    シナリオライター :

    Jacques Viot

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    作曲家 :

    Maurice Jaubert

    Costume designer :

    Boris Bilinsky

    Adapter/dialogue writer :

    Jacques Prévert

    プロデューサー :

    Jean-Pierre Frogerais

    Directors of Photography :

    Philippe Agostini, Curt Courant, André Bac, Albert Viguier

    編集担当 :

    René Le Hénaff

    美術装飾 :

    Alexandre Trauner

    スチールマン :

    Raymond Voinquel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1938

    フランス公開 :

    09/06/1939

    上映時間 :

    1 時間 33 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    1378

    ビザ発行日 :

    30/10/1944

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1939

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1939)

    Selection

    公式コンペティション