このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

フランス桃色風流譚 青い女馬

A 長編映画 by Claude Autant-Lara

Produced by Societe des productions raimbourg, S.O.P.A.C., Gaumont, Star Presse

Release in France : 29/10/1959

    あらすじ

    ナポレオン三世治下の第二帝制時代。フランスの片田舎クラクビューに住む馬喰オードワンの家に緑色の牝馬が生れた。珍しいこの馬はオードワン一家に 富をもたらしたが、間もなく死んだ。後を追うようにオードワンも死んだ。残ったのは妻と長男オノレ(ブールビル)と次男フェルディナンである。やがて普仏 戦争がぼっ発した。オノレは義勇兵となり裏山にたてこもり、獣医のフェルディナンは人質にプロシャ兵にとらえられた。ところが村にプロシャ兵が侵入してき た。そして一家の仇敵ゼフ(イヴ・ロベール)の密告でオノレを捕えにやってきた。オノレが寝台の下にかくれていると、プロシャ兵はその上で彼の母親に乱暴 して去った。オノレはゼフへの復讐を誓った。母親が死に、やがてゼフの娘マルグリット(サンドラ・ミーロ)が村に帰ってきた。村では老村長が死にかかって 後任にはゼフがおされる気配濃厚である。オノレは共和派でゼフは教会派なのでことごとに問題は対立する。地元出身の代議士とマルグリットができているらし いのもオノレの気に人らない。獣医のフェルディナンがオノレに書いた手紙を、郵便配達デオダが学校帰りの子供の喧嘩にまきこまれて紛失した事件が起った。 どうやら手紙はゼフの息子に盗まれたらしい。オノレの娘ジュリエットとゼフの息子ノエルが恋仲になったりして事態はますます複雑である。そんなある日、例 の代議士がマルグリットと逢うためにオノレの家を使うことを申し入れてきた。胸に一物あるオノレはひきうけた。そして突然代議士が来ないことになったのを さいわい、マルグリットを手に入れようとした。だがそれは、フェルディナンの来訪でさまたげられた。その騒ぎでオノレは盗まれたと思った手紙は、自分の小 さい娘がひろってかくしていたのを見つけた。折から老村長が死んだ。会心の笑みをうかべたオノレは単身ゼフの家に乗込み、ゼフと息子のノエルを殴りつけて 気絶させた。そしてノエルを寝台の下におしこみ、ゼフの妻君の着物をはぎとっていった。オノレの復讐は成功した。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Societe des productions raimbourg, S.O.P.A.C., Gaumont, Star Presse

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    海外製作作品 :

    Zebra Film

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    「学生たちの道」の原作者である仏文学の老大家マルセル・エーメの戦前の長篇を映画化したもの。監督は「可愛い悪魔」のクロード・オータン・ララ。 脚色・台詞はジャン・オーランシュとピエール・ボスト。撮影はジャック・ナトー、音楽はルネ・クロエレック。出演は「両面の鏡」のブールビルとサンドラ・ ミーロのほか、新人ヴァレリー・ラグランジュ、フランシス・ブランシュ、イヴ・ロベール、ミレーユ・ペレー、マリー・メルジェイら。製作イヴ・ラプラン シュ。イーストマンカラー・フランスコープ。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (15)

    Assistant directors :

    Ghislaine Autant-Lara, Charles Pozzo di Borgo

    Producers :

    Bourvil, Alain Poiré, Claude Autant-Lara, Ghislaine Autant-Lara

    フォトディレクター :

    Jacques Natteau

    撮影技師 :

    Jean Lallier

    Editor :

    Madeleine Gug

    作曲家 :

    René Cloerec

    Costume designer :

    Rosine Delamare

    演出助手 :

    Henri Jaquillard

    原作者 :

    Marcel Aymé

    Screenwriters :

    Jean Aurenche, Pierre Bost

    録音技師 :

    René-Christian Forget

    製作部長 :

    Yves Laplanche

    スクリプト :

    Claude Vériat

    美術装飾 :

    Max Douy

    スチールマン :

    Jean-Louis Castelli

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    29/10/1959

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22366

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    2.35

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督