このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
カビリアの夜

カビリアの夜

A 長編映画 by Federico Fellini

Release in France : 16/10/1957

    あらすじ

    カ ビリア(ジュリエッタ・マシーナ)は不幸な生活を送りながらも、いつかは真面目な道に返ろうと望んでいた。恋人に河に突き落とされても彼女の性格は変らな かった。ワンダ(フランカ・マルツィ)を除いた仲間の女達は、夢想を語るカビリアを可哀そうな気違い女として扱っていた。しかし、或る晩、カビリアの夢物 語が実現した。有名な映画俳優(アメディオ・ナザーリ)が豪華な自動車に彼女を乗せて、ナイトクラブから自分の豪邸へと連れていったのである。これは自分 の魅力のためと喜んだのも束の間、この著名なスターの昔の愛人ジュシイ(ドリアン・グレイ)が突然そこへ現れたとき、この冒険は悲喜劇的な終りを告げた。 浴室に入れられ俳優とその愛人の和解ばなしを聞かされても、幸福な想いにひたっているカビリアだったが、朝になると勝手口から追い出される始末だった。と うとう自分が分らなくなったカビリアは、仲間と一緒に教会へ行き生活に奇蹟が起るように熱心に祈った。それから幾晩か後郊外の小さな映画館の舞台で、彼女 は妙な踊りを披露したがそこでオスカー・ドノフォリ(フランソワ・ペリエ)に会った。このおとなしく、若い会計係の青年は彼女に大変親切な態度を示した。 オスカーの愛の言葉を聞き、カビリアは運命に感謝しながらも、自分の汚れた生活が分ってしまえば彼が去ってしまうと恐れるのだった。だが、オスカーはカビ リアの過去など全くかえりみなかった。二人は旅行に出発した。奇蹟が実現したと思われたが、湖の畔まで来た時突然オスカーはカビリアに躍りかかった。オス カーが自分を殺すためにこの淋しい場所へ誘ったのだとカビリアは気づいた。カビリアの夢は無残にも崩れ去った。不幸にひしがれた彼女は、オスカーの前に膝 まずき、自分を殺してくれるように懇願した。しかし、これはオスカーから殺意を失わせ、カビリアは救われた。セレナーデを奏でる子供達の一団を後に従え、 カビリアは子供っぽい様子で立ち去って行くのだった。

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    Les Films Marceau

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    海外製作作品 :

    Dino De Laurentiis Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Les Films Marceau

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (8)

    監督補佐 :

    Dominique Delouche

    Screenwriters :

    Ennio Flaiano, Federico Fellini, Tullio Pinelli

    共同製作 :

    Edmond Tenoudji

    編集担当 :

    Leo Catozzo

    せりふ作者 :

    Pier Paolo Pasolini

    海外プロデューサー :

    Dino De Laurentiis

    Directors of Photography :

    Aldo Tonti, Otello Martelli

    装飾 :

    Piero Gherardi

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    売春

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1957

    フランス公開 :

    16/10/1957

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    19023

    ビザ発行日 :

    02/10/1957

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    Mostra - São Paulo International Film Festival - 2016

    Mostra - São Paulo International Film Festival (ブラジル, 2016)

    Selection

    Official International Selection

    オスカー  - 1958

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1958)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film

    Cannes International Film Festival - 1957

    Cannes International Film Festival (フランス, 1957)

    Selection

    Official Competition

    受賞

    オスカー  - 1958

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1958)

    セザール最優秀外国映画賞