このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
真実

真実

A 長編映画 by Henri-Georges Clouzot

Produced by Han productions

Release in France : 02/11/1960

    あらすじ

    音楽学校に行っている妹アニー(マリー・ジョゼ・ナット)とともにパリに出たドミニク・マルソー(ブリジット・バルドー)は放縦な生活を続けた。あ る日訪れた妹の学友ジルベール(サミー・フレー)に会ってドミニクは音楽指揮者をめざして勉強している彼にひかれた。彼にとってもドミニクは強烈な魅力的 存在だった。妹とけんかして部屋を出たドミニクは美容学校通学もやめて、前の恋人ミシェルと別れ女友達デイジーの部屋に同居した。ジルベールが言いよった がドミニクは彼を許さなかった。そしてさんざんじらした後、彼のものになった。が、ジルベールは利己的な男であった。自分の仕事と将来のことを考え、ドミ ニクの身体は自分のものにしたが何も彼女には与えようとしなかった。新しい空気をもとめて彼女は彼のもとを出た。ドミニクは酒場スプートニクで働き、その 経営者ルドウィクと知りあった。ある夜ジルベールはドミニクの帰途を待ちうけ、悪態の限りをつくした。それが契機となってドミニクはルドウィクに身を任せ た。ドミニクの父が死に、ジルベールは彼女の妹のアニーと婚約した。そうなってみるとドミニクは自分が心からジルベールを愛しているのを知った。彼女は再 び彼を誘惑して一夜を共にした。けれども彼は夜が明けると去っていった。彼とアニーが結婚する日、彼の眼前で自殺するつもりだった彼女は拳銃をもって彼の 家に行き、思わず彼を射殺した。ガス自殺を企てたドミニクは危うく救われ、裁判にかけられた。そしてある夜、看守のすきをうかがって彼女は鏡の破片で動脈 を切り、自殺をとげた。遺書には、「私は悪い女でした。その私が愛したのは唯一人、ジルベールだけでした。ただ私たちは時を同じくして愛し合えなかった」 とあった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (45)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Han productions

    フランス国内配給 :

    Columbia France

    海外製作作品 :

    C.E.I.A.P.

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    「スパイ」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督・脚本・台詞を担当したドラマ。共同脚色者としてシモーヌ・ドリュー、ジェローム・ジェロニミ、 ミシェル・ペラン、ヴェラ・クルーゾーが名をつらねている。撮影はアルマン・ティラール。音楽はジェイ・ボナール。出演するのは「気分を出してもう一度」 のブリジット・バルドー、「欲情に掟はない」のサミー・フレー、ジャン・ルー・レイノルドなど。製作ラウール・J・レヴィ。S

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (15)

    Assistant directors :

    Claude Clément, Serge Vallin

    アソシエートプロデューサー :

    Roger Debelmas

    フォトディレクター :

    Armand Thirard

    音声アシスタント :

    Arthur Van Der Meeren

    撮影技師 :

    Louis Née

    編集担当 :

    Albert Jurgenson

    スクリプト :

    Denise Morlot

    演出助手 :

    Lucien Lippens

    プロデューサー :

    Raoul Levy

    Screenwriters :

    Henri-Georges Clouzot, Jérôme Géronimi, Michèle Perrein, Simone Drieu, Véra Clouzot, Christiane Rochefort

    録音技師 :

    William-Robert Sivel

    撮影技師アシスタント :

    Robert Florent, André Tixador

    製作部長 :

    Louis Wipf

    Assistant editors :

    Claude Le Moro, Eric Pluet

    美術装飾 :

    Jean André

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    裁判

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1960

    フランス公開 :

    02/11/1960

    上映時間 :

    2 時間 4 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    23504

    ビザ発行日 :

    02/11/1960

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    オスカー  - 1961

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1961)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film