このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
焼け石に水

焼け石に水

A 長編映画 by François Ozon

Produced by Fidélité Films

Release in France : 15/03/2000

  • Contents

俳優 (4)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Fidélité Films

Film exports/foreign sales :

Celluloid Dreams

共同製作 :

Les Films Alain Sarde

フランス国内配給 :

Haut et Court

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (35)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

1970 年代、ドイツ。20歳の青年フランツ(マリック・ジディ)は、街で中年男レオポルド(ベルナール・ジロドー)に誘われ、婚約者アナ(リュディヴィーヌ・サ ニエ)とのデートをすっぽかして彼の家へやってくる。他愛もない会話が続いた後、ベッドを共にする二人。これを機に、フランツはレオポルドの家で同棲生活 を送ることになる。しかしレオポルドはフランツに対して、だんだん冷たい態度を取り始めていく。そんなある日、アナがこの家のベルを鳴らす。レオポルドと の関係に絶望感を抱いていたフランツは、支配的にアナを抱く。初めて性の充実を感じたアナは、フランツにこの家を出るように促すが、彼は中々決断できな い。そこに、レオポルドがかつて付き合っていた男性、しかし今は性転換して女性になったヴェラ(アンナ・トムソン)が訪ねてくる。奇妙な空気の中、4人は 突然サンバを踊る。そしてフランツは、毒を飲んで静かに死んでいくのだった。

Subject

I had long wanted to make a film about a couple and the difficulties of living together. When I saw Fassbinder’s stage play, I realized I didn’t have to write a new film script: the play already existed, and it exactly fitted the story I had in mind. Fassbinder’s great strength is that in plunging the audience into the anecdotal details of one couple’s daily life, he gives us a view of every couple on earth. I had two models for making a screen version of a play: “The Bitter Tears of Petra von Kant” (which is also a chamber piece shot in the studio, with no exteriors to give it air), and “Smoking/No Smoking,” in which Alain Resnais captures the essential theatricality of the text in the scenery, the acting style and the artificiality of the language. Citing Sternberg and Sirk, Fassbinder said that artificiality is the only way we can penetrate the truth of characters. I tried to follow that principle in my mise-en-scene and draw the audience into the logic of the film, so that they may follow the characters that much more closely.

François Ozon, Director

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Marc Missonnier, Olivier Delbosc

Adapter/dialogue writer :

François Ozon

Co-producers :

Christine Gozlan, Alain Sarde

録音技師 :

Éric Devulder

製作部長 :

Pierre Wallon

Editors :

Laurence Bawedin, Claudine Bouché

スクリプト :

Agathe Grau

キャスティング :

Antoinette Boulat

サウンド・ミキサー :

Jean-Pierre Laforce

監督補佐 :

Hubert Barbin

原作者 :

Rainer Werner Fassbinder

Director of photography :

Jeanne Lapoirie

撮影技師アシスタント :

Mounia Lamrani Malhuret, Benoît Rizzotti

報道担当(映画) :

André-Paul Ricci, Tony Arnoux

音声編集担当 :

Benoît Hillebrant

装飾 :

Arnaud de Moleron

Costume designer :

Pascaline Chavanne

スチールマン :

Jean-Claude Moireau

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2000

フランス公開 :

15/03/2000

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

97.859

ビザ発行日 :

07/03/2000

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (11)

Istanbul Film Festival - 2001

Istanbul Film Festival (トルコ, 2001)

Selection

文学から銀幕へ

リオデジャネイロ 国際映画祭 - 2000

リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 2000)

Selection

世界映画のパノラマ

Montreal World Film Festival - 2000

Montreal World Film Festival (カナダ, 2000)

Selection

Out of Competition

Cannes Film Market - 2000

Cannes Film Market (フランス, 2000)

Selection

Selection

ベルリン国際映画祭 - 2000

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 2000)

Selection

Official Competition

代表団

Website