このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
私の体に悪魔がいる

私の体に悪魔がいる

A 長編映画 by Julien Duvivier

Produced by Pathé Distribution, Gray-Film, Progefi

Release in France : 13/02/0159

    あらすじ

    ドン・ファンで金持、美男子で闘牛用の牧場を経営しているドン・マテオ(アントニオ・ヴィラール)は、エヴァ(ブリジット・バルドー)という小娘を 狙っていた。彼女の父はフランス人の作家で、噂によれば政治的な理由でスペインに亡命し、ジプシー女を妻として貧民窟に住んでいた。エヴァは生れながら男 を惹きつける魅力をもっていた。彼女はダンスが得意で、年老いた教師は無料でレッスンをつけてやっていた。マテオは足しげく練習所に通った。父を熱愛して いるエヴァは、彼を養うためにナイト・クラブのダンサーになろうとしたが、処女のジプシー娘は雇えないという規則でだめだった。マテオはエヴァの歓心を買 うために美しい衣裳を贈り、宴会に誘った。彼女は親の付添いがあればといって断った。マテオはエヴァと父を自宅に招いて、宿泊させた。その夜、マテオはエ ヴァの寝室に忍び入ったが彼女は父を起して彼を拒絶した。エヴァを昔から恋している、観光バスのガイド・アルベール(ミシェル・ルウ)がいた。彼女は彼と 幼馴染で嫌ってはいなかったが、結婚したら彼の一生を破滅させることを恐れて、求婚を断っていた。ある日、アルベールはエヴァと父親を酒場に呼んで、最後 の求婚をした。そこで父がパリにいる時、ナチの手先になってフランス人を密告していたという過去がわかり、彼のために獄死した男の息子にみつかり、激しく 罵倒された。父に幻滅を感じたエヴァは、アルベールとの結婚を断わり、市を去る彼に別れの接吻をした。これをみていたマテオは嫉妬にかられた。すべてに絶 望したエヴァは秘密組織のクラブでストリップの踊子になった。マテオは秘密の酒場を訪れ、彼女に会うために何日も待ちつづけた。が、彼女はなにかと彼をか らかい、本心をしめそうとしなかった。今やマテオは病身の妻も、財産も、地位も棄て恋の虜となった。エヴァを見失うまいと、彼女の属するドサ廻りのフラメ ンコ踊り一座の後を追いかけた。エヴァは一座の若い男と仲良くし、それをマテオにみせつけた。嫉妬に狂ったマテオが彼女に乱暴をした。が、反対に怒った客 から半死半生のめにあわされた。エヴァは一人の男を完全に破滅させた。だが、彼女はそれほどまでに自分を愛するマテオを、いつしか愛するようになってい た。微罪釈放でマテオは警察から出て来た。身も心も傷ついた彼を、エヴァが待っていた。彼女はすべてを彼に捧げようと、自分の部屋に彼を誘った。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Pathé Distribution, Gray-Film, Progefi

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    海外製作作品 :

    Dear Film

    フランス国内配給 :

    Pathé Distribution

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    スペインのセヴィラを背景に、激しい男女の愛欲を描いたドラマ。ピエール・ルイスの原作『女と人形』をデュヴィヴィエ、マルセル・アシャール、アル ベール・ヴァランタンが共同脚色し、「奥様にご用心」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督、撮影は「殺人狂想曲」のロジェ・ユベール、音楽はジャン・ ヴィーネとホセ・ロカの共同。バルドーの踊りの振付にカルドとレレ・ド・トリアナが協力している。出演は「可愛い悪魔」のブリジット・バルドー、スペイン の二枚目スター・アントニオ・ヴィラール、他にジャック・モンクレール、ミシェル・ルウ、エスパニタ・コルテス、ダリオ・モレノ等。製作クリスチーヌ・ グーズ・レナル。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (13)

    製作代表 :

    Christine Gouze-Renal

    Adapters/dialogue writers :

    Julien Duvivier, Jean Aurenche, Albert Valentin, Marcel Achard

    Producers :

    Christine Gouze-Renal, Pierre Cabaud, René Bezard, Louis Dolivet

    フォトディレクター :

    Roger Hubert

    撮影技師 :

    Adolphe Charlet

    作曲家 :

    Jean Wiener

    Costume designer :

    Jacqueline Moreau

    Assistant directors :

    Fabien Collin, Alain Gouze

    原作者 :

    Pierre Louÿs

    シナリオライター :

    Albert Valentin

    録音技師 :

    William-Robert Sivel

    Editor :

    Jacqueline Sadoul

    美術装飾 :

    Georges Wakhevitch

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1958

    フランス公開 :

    13/02/0159

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    20026

    ビザ発行日 :

    16/12/1958

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル