このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
太陽がいっぱい

太陽がいっぱい

A 長編映画 by René Clément

Produced by Paris Film Production

Release in France : 09/03/1960

    あらすじ

    【お詫び】1月16日の「太陽がいっぱい」の無料配信は、諸般の事情により日本国内では実施できなくなりました。同作品のマイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル公式サイトでの配信は1月17日からとなります。

     

    トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。近くの漁村モンジベロからだ。--トムは貧乏なア メリカ青年だ。中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、父親から頼まれて連れ戻しにきたのだ。五千ドルの約束で。フィリップにはパリ生れのマルジェ (マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。--ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかっ たからだ。トムが邪魔になっていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のよう に日焼けした。--彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせた。彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体 はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も 使った。ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられ ずにいた。ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。 そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにき た。死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。女刑事が盗み聞いていた。トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書 を書き、送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。彼は元のトムに戻り、傷心のマ ルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、 フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた。スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。

    出典 : movie.goo.ne.jp

    Videos (2)

    02/12/2014

    太陽がいっぱい

    Trailer (english subtitles)

    01/12/2014

    太陽がいっぱい

    French trailer

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Paris Film Production

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (9)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (11)

    クレジットタイトル詳細 (15)

    監督補佐 :

    Pierre Zimmer

    Dialogue Writers :

    René Clément, Paul Gegauff

    Producers :

    Robert Hakim, Raymond Hakim

    フォトディレクター :

    Henri Decaë

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Paul Schwartz

    Editor :

    Françoise Javet

    作曲家 :

    Nino Rota

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Carrère

    Adapters/dialogue writers :

    René Clément, Paul Gegauff

    原作者 :

    Patricia Highsmith

    海外プロデューサー :

    Goffredo Lombardo

    Sound recordists :

    Jean-Claude Marchetti, Maurice Remy

    撮影技師 :

    Jean Rabier

    スクリプト :

    Yvette Vérité

    Costume designer :

    Paul Bertrand

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, スリラー

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    09/03/1960

    上映時間 :

    1 時間 59 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22159

    ビザ発行日 :

    10/03/1960

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル