このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Laisse un peu d'amour

Laisse un peu d'amour

A 長編映画 by Zaïda Heckmann

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

製作年 : 1998

    あらすじ

    58-year-old Monique (Andree Damant) lives in a small apartment in the projects on the outskirts of Paris. She retires from assembly-line work with a small textile company, only to learn that her retirement benefits barely match her rent. One of her daughters, Giselle (Aurelia Petit) plans to enter the Drama Conservatory in Paris, while her other daughter Sandra (Lise Payen) is recovering from a suicide attempt. The film explores the relationships between these three.

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Agat Films & Cie / Ex Nihilo

    Film exports/foreign sales :

    Mercure Distribution

    共同製作 :

    Arte France

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Gilles Sandoz

    撮影技師アシスタント :

    Loïc Savouré

    スクリプト :

    Sandra Di Pasquale

    Costume designer :

    Fabienne Desfleches

    Director of photography :

    Hélène Louvart

    編集担当 :

    Gilles Volta

    装飾 :

    Philippe Jacob

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Paul Hurier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1998

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    CNC助成 :

    不明

    Director

    映画祭でのセレクション