このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛と死と

愛と死と

A 長編映画 by Claude Lelouch

Produced by Les Films 13 , Les Films Ariane, Les Productions Artistes Associés

Release in France : 31/01/1969

    あらすじ

    幸福そうな恋人たちフランソワ・トレド(アミドゥー)とカロリーヌ(C・セリエ)の行動を四六時中、警官が尾行していた。フランソワは、家に帰れば 妻のジャンヌ(J・マニャン)と娘のソフィーと平穏な生活を送っている。二、三日後フランソワとカロリーヌは、バルベ通りのホテルへ行った。ところが、突 然警官にふみこまれて逮捕されてしまった。二人は、ケ・デーゾルフェブルにある警察本部に連行され、一晩中訊問された。夜明け近くなって、フランソワは “逃れられぬ証拠"をつきつけられて自白した。何のことか分からないまま、カロリーヌは釈放された。フランソワはサンテ刑務所に送られた。身体検査、質 問、写真、番号--そして出廷。裁判の結果、死刑を宣言された。四六時中監視され、別の刑務所に送られて、また同じことのくり返し。独房の孤独。やがて死 刑執行の日。ミサに最後のタバコ。死を目前にして、フランンワの脳裏には今までの経過が浮んでは消えた……。ダンスホール、フランソワは女と踊っていた。 その女の声は法廷で証言したあの声。彼はその女と性交渉をもとうとしたが失敗した。その後、妻との交渉はうまくいったのに。ブーローニュの森で売春婦を 買った時も失敗。ピガール広場で買った女は冷酷だった。自制心を失なったフランソワは、思わず彼女を絞め殺してしまった。サン・ドニで、ハンブルグで、二 度、三度と売春婦が殺害された。フランンワが自らの不能に対してなした仕返しだった。そして、義母に密告されたのである。……フランソワの頭上にギロチン の刃が光った。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    監督補佐 :

    Claude Pinoteau

    Screenwriters :

    Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven

    フォトディレクター :

    Jean Collomb

    製作部長 :

    Pierre Pardon

    装飾 :

    Albert Rajau

    Producers :

    Claude Lelouch, Alexandre Mnouchkine, Georges Dancigers

    海外プロデューサー :

    Alberto Grimaldi

    録音技師 :

    Jean-Louis Ducarme

    編集担当 :

    Claude Barrois

    作曲家 :

    Francis Lai

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    死, 裁判

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1968

    フランス公開 :

    31/01/1969

    上映時間 :

    1 時間 56 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    34707

    ビザ発行日 :

    14/01/1969

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    12歳未満

    Posters (3)

    監督

    映画祭でのセレクション