このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Cet amour-la / デュラス、愛の最終章

A 長編映画 by Josée Dayan

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 16/01/2002

  • Contents

俳優 (10)

映画製作・配給会社 (6)

製作代表 :

Les Films Alain Sarde

共同製作 :

Arte France Cinéma

フランス国内配給 :

Bac Films Distribution

エグゼクティブプロダクション :

Les Films Alain Sarde

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

フランス国内通信社 :

Claude Davy & Emmanuel Egretier (ex-DDD Conseil)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (20)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

地方都市で学生生活を送るヤンはある日、マルグリット・デュラスに恋をする。彼は彼女の作品をむさぼるように読み、日に何度も彼女宛てに手紙を書く。まずは言葉から始まった情熱である。二人が初めてトゥルヴィルで出会ったとき、まるで長年の知り合いのようであった。すべてを消し去る懸念を交えた、明白な事実。年の差、ヤンの過去、彼の自殺願望。
彼女は彼が愛する女になったことに驚きを隠せない。それは素晴らしくもあり、耐えがたいことでもある。二人は時に限りがあることを知っているから。そして言葉は本になり、本は大成功を収める。運命の時が来るまで、笑い、泣き、愛し、食べ、話す…。
一杯飲みに、「カプリ、セフィニ」を聞きに、トゥルヴィルに海やカモメを見に、エビや牡蠣を食べに行こう、そう、行こう。」笑いと涙の「この愛」で誰もがそこに自分の姿を認め、同時にこの愛の物語は他のどれにも似ていない。

Photos (11)

クレジットタイトル詳細 (16)

製作代表 :

Alain Sarde

Line producer :

Christine Gozlan

Director of photography :

Caroline Champetier

製作部長 :

Jean-Paul Battaggia

Editor :

Anne Boissel

スクリプト :

Jacqueline Granier-Deferre

作曲家 :

Angelo Badalamenti

Costume designer :

Mimi Lempicka

原作者 :

Yann Andréa

Screenwriter :

Josée Dayan

録音技師 :

Michel Kharat

報道担当(映画) :

Claude Davy

音声編集担当 :

Mourad Louanchi

Production Designer :

Sylvie Fennec

振り付け :

Corinne Devaux

フランスの配給会社 :

Jean Labadie

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2000

フランス公開 :

16/01/2002

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

100.241

ビザ発行日 :

20/07/2001

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS

Posters (1)

Director

ニュース (8)

映画祭でのセレクション (11)

代表団 (4)

Website