このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Mama Aloko

Mama Aloko

A 長編映画 by Jean Odoutan

Produced by 45 rdlc

Release in France : 23/01/2002

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

45 rdlc

Film exports/foreign sales :

45 rdlc

海外製作作品 :

Tabou-Tabac Films

フランス国内配給 :

45 rdlc

あらすじ

Paris. The Belleville district, rue Sainte-Marthe.
An African restaurant where alokos and fried bananas are sold. A matronly woman, Mama Aloko, runs the place. She’s faced with the laziness of the wards of the social welfare services, the mind-numbing advice of a failed writer, beggars, her own loneliness, skinheads and most of all, her broken-down fridge which is the cause of all her problems…
Poor Mama Aloko! She needs to find a thousand francs to buy a new fridge and thus avoid closing her notorious restaurant where the riff-raff of Paris-in-the-Bush come looking for a bit of love and human warmth. Will she make it out of the woods?

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (7)

製作代表 :

Jean Odoutan

フォトディレクター :

Valerio Truffa

報道担当(映画) :

Ange Natoudo

作曲家 :

Jean Odoutan

シナリオライター :

Jean Odoutan

録音技師 :

Jérôme Ayasse

Editor :

Déborah Braun

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2002

フランス公開 :

23/01/2002

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

97.088

ビザ発行日 :

11/01/2002

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーDTS

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション