このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Boy who wanted to be a Bear

Boy who wanted to be a Bear

A 長編映画 by Jannik Hastrup

Produced by Les Armateurs

Release in France : 18/12/2002

  • Contents

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Les Armateurs

Foreign production companies :

AnimagicNet AS, Dansk Tegnefilm

フランス国内配給 :

Gebeka Films

Co-productions :

Carrere Group, France 3 Cinéma

Film exports/foreign sales :

FTD International Cinéma

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (11)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

A new-born boy, kidnapped from an Eskimo couple by a bear whose partner is inconsolable after the death of her offspring, is raised like a cub by his new "parents". The film tells the story of this child who becomes a bear, only to become human again after a journey of discovery across the Great North. L'enfant qui voulait être un ours is a simple, poetic story that awakens in all of us both the longing for distant adventure and forgotten childhood fears.

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (8)

原作者 :

Bent Haller

録音技師 :

Niels Arild

Production Designer :

Bigita Faber

特殊効果 :

Mathieu Renoux, Grégory Couturier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

アニメーション

言語 :

フランス語

出身 :

デンマーク, フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

ごく一部フランス (デンマーク, フランス)

製作年 :

2002

フランス公開 :

18/12/2002

上映時間 :

1 時間 15 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

101.449

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSR