このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
何がなんでも首ったけ

何がなんでも首ったけ

A 長編映画 by Roger Vadim

Produced by Les Productions Jacques Roitfeld

Release in France : 19/04/1961

    あらすじ

    ソフィー(ブリジット・バルドー)は売れっ子のカバー・ガール。というのも恋人のフィリップ(ジャック・リベロル)が若手のカメラマンのおかげであ る。ソフィは早くフィリップと結婚して落ちつきたいのだが、まだ独身生活に未練のあるフィリップはなかなか陥落しない。というのも、実は彼はアメリカの富 豪の娘バルバラ(ジョセフィーヌ・ジェームズ)とよろしくやっているからだ。いまはもうソフィよりもバルバラの方に夢中というわけである。これを偶然のこ とから知ってしまったソフィはカッと来て、猟銃をもち出し、恋敵を射ってしまうといきまく始末。たまたま知り合った医学生アラン(ミシェル・シュボール) の説得で射つの殺すのというさわぎはおさまったものの、こんどはソフィにぞっこんまいってしまったアランといっしょに、冬山へ出かけたフィリップとバルバ ラのあとを追って冬の観光地ビラールへ。彼女はあいかわらず猟銃持参。アランは一計を案じて、フィリップの眼の前でわざと仲よくし、彼に嫉妬させるのが得 策だと説いて、熱烈なラブ・シーンを演じた。これが功を奏して、ラブ・シーンがほんものになりかけたとき、とあるナイトクラブで、ソフィがバルバラにフィ リップの悪口を言ったのがきっかけで、てんやわんやの大さわぎ。女たちが怒ってホテルへ帰ってしまったあと男たちは、それぞれ、自分の恋人に対する愛を確 認、勇をふるって、女たちの部屋へのりこんだ。こうして二組の恋はめでたく成立したのである。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社 (2)

    海外製作作品 :

    Vides Cinematografica

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (11)

    Adapters/dialogue writers :

    Claude Brule, Roger Vadim

    原作者 :

    J.D. Trop

    アソシエートプロデューサー :

    Francis Cosne

    海外プロデューサー :

    Franco Cristaldi

    フォトディレクター :

    Robert Lefebvre

    装飾 :

    Robert Clavel

    せりふ作者 :

    Claude Brule

    プロデューサー :

    Jacques Roitfeld

    Screenwriters :

    Jean Aurel, Roger Vadim

    あてレコ :

    Jacqueline Porel

    編集担当 :

    James Campbell

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1961

    フランス公開 :

    19/04/1961

    上映時間 :

    1 時間 31 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    23045

    ビザ発行日 :

    14/04/1961

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (7)

    監督