このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Matti Ke Lal, fils de la terre

A 短編映画 by Élisabeth Leuvrey

Produced by GREC - Groupe de Recherches et d'Essais Cinématographiques

製作年 : 1998

    あらすじ

    In India, in a district of Old Delhi, a man leads a retentless day-to-day struggle against History, against his times, against human weaknesses, and also against God. Guru Hanuman Ji has chosen to offer up his life to his country and its children. Having founded a school for street urchins, he not only teaches them kushti, a traditional form of combat fought in a ring of mud, but also man's daily struggle against his destiny. A meeting with this 98-year-old-man, born at the beginning of the century and nourished on the ideas of liberation and independence: a living legend of struggle in India.

    映画製作・配給会社 (2)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    François Barat

    フォトディレクター :

    Dominique Defert

    製作部長 :

    Reza Nasrollahi

    作曲家 :

    Shyamal Maïtra

    Producer :

    Élisabeth Leuvrey

    Sound recordist :

    Élisabeth Leuvrey

    Editor :

    Élisabeth Leuvrey

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    ヒンズー語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1998

    上映時間 :

    20 分

    ニュメロ·デ Visa :

    93.384

    ビザ発行日 :

    01/02/2013

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Director

    映画祭でのセレクション (3)

    Ludwigsburg - European Short Film Biennale - 1999

    Ludwigsburg - European Short Film Biennale (ドイツ, 1999)

    Selection

    ヨーロッパ短編映画コンペティション

    Tampere Film Festival - 1999

    Tampere Film Festival (フィンランド, 1999)

    Selection

    国際コンペティション

    受賞