このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
スパニッシュ・アパートメント - Poster - France

スパニッシュ・アパートメント

A 長編映画 by Cédric Klapisch

Produced by Ce Qui Me Meut

Release in France : 19/06/2002

    あらすじ

    パ リで暮らす大学生グザヴィエ(ロマン・デュリス)は、卒業を来年に控えた25歳。父親のコネを使って面会した役所の大物の勧めに従い、就職の内定を確実に するため、スペインのバルセロナへ留学することに。始めは母親に紹介されたアパートへ向かうが、環境が悪かったため、空港で知り合った神経科医のジャン・ ミッシェル(グザヴィエ・ド・ギユボン)の部屋に宿泊しつつ、アパートを探す。ついにグザヴィエが見つけたのは、イタリア人のアレッサンドロ(フェデリ コ・ダナ)、ドイツ人のトビアス(バーナビー・メッチュラート)、デンマーク人のラース(クリスチャン・パグ)、イギリス人のウェンディ(ケリー・ライ リー)、スペイン人のソレダ(クリスティナ・ブロンド)が、共同で暮らすアパート。そこにグザヴィエが大学で知り合ったベルギー出身の女子学生イザベル (セシル・ド・フランス)も加わり、賑やかな生活が始まる。グザヴィエにはパリ在住の恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)がいたが、イザベルに心惹かれ る。しかし彼女はレズビアン。がっかりするグザヴィエだったが、一方、ジャン・ミッシェルの妻であるアンヌ・ソフィ(ジュディット・ゴドレーシュ)と不倫 の関係を持つ。やがてウェンディの無知な弟ウィリアム(ケヴィン・ビショップ)がアパートにやって来て、皆の反感を買ったり。グザヴィエはマルティーヌか ら電話で別れ話を告げられ、あっという間の1年が終わる。パリへ帰国したグザヴィエは、心に大きな変化が起きていた。そして役所への出勤初日に、建物から 飛び出し、作家になるという夢に向かって走り出していくのだった。

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Ce Qui Me Meut

    Film exports/foreign sales :

    STUDIOCANAL

    フランス国内通信社 :

    Moteur !

    海外製作作品 :

    Mate Production

    フランス国内配給 :

    Mars Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (46)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (9)

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Bruno Lévy

    原作者 :

    Cédric Klapisch

    フォトディレクター :

    Dominique Colin

    音声アシスタント :

    Cyril Moisson

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall

    編集アシスタント :

    Jenny Frenck

    装飾 :

    François Emmanuelli

    データ作成者 :

    Jean-René Nébot

    スチールマン :

    Jérôme Plon

    French press agent :

    Dominique Segall

    Assistant directors :

    Lola Doillon, Ophélie Gelber

    シナリオライター :

    Cédric Klapisch

    Sound recordists :

    Cyril Moisson, Stéphane Brunclair

    製作部長 :

    Jacques Royer

    Editor :

    Francine Sandberg

    スクリプト :

    Agathe Sallaberry

    Costume designer :

    Anne Schotte

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Dalmasso

    演出助手 :

    Antoine Theron

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    若者, 旅行, 教育

    言語 :

    フランス語, 英語

    出身 :

    フランス, スペイン

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スペイン)

    製作年 :

    2001

    フランス公開 :

    19/06/2002

    上映時間 :

    2 時間

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    100.101

    ビザ発行日 :

    24/06/2002

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーDTS

    Posters (9)

    監督

    ニュース (27)

    View all news articles relating to this file

    映画祭でのセレクション (17)

    Cairo - International Film Festival - 2003

    Cairo - International Film Festival (エジプト, 2003)

    Selection


    シドニー 映画祭 - 2003

    シドニー 映画祭 (オーストラリア, 2003)

    Selection

    Official Competition

    Festival du Film Francophone d'Athènes  - 2003

    Festival du Film Francophone d'Athènes (ギリシャ, 2003)

    Selection

    長編映画選出作品

    セザール賞(フランス映画) - 2003

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 2003)

    Selection (6)

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Cédric Klapisch

    Best Editing : Francine Sandberg

    Most Promising Actress : Cécile De France

    Best Supporting Actress : Judith Godrèche

    Best Director : Cédric Klapisch

    Best Film

    Cairo - International Film Festival - 2002

    Cairo - International Film Festival (エジプト, 2002)

    Selection

    フェスティバルのフェスティバル

    Cannes Film Market - 2002

    Cannes Film Market (フランス, 2002)

    Selection

    Selection

    受賞 (2)

    セザール賞(フランス映画) - 2003

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 2003)

    César Award for Most Promising Actress : Cécile De France

    Lumiere Awards - 2003

    Lumiere Awards (フランス, 2003)

    賞 (2)

    Meilleur scénario : Cédric Klapisch

    リュミエール最優秀若手有望(エスポワール)女優賞 : Cécile De France

    代表団 (6)

    Website