このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

What Time is it Over There ?

A 長編映画 by Tsai Ming-Liang

Produced by Arena Films

Release in France : 26/09/2001

  • Contents

俳優 (10)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Arena Films

フランス国内配給 :

Diaphana Films

Film exports/foreign sales :

Fortissimo Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Hsiao-Kang sells watches in the streets of Taipei. One evening, shortly after his father’s death, he encounters a young woman, Hsiang-Chyi. She leaves for Paris the following day. Weighed down by his mother’s strange behavior – she awaits the return of her defunct husband’s spirit – Hsiao-Kang takes refuge in the memory of the young woman and tries to get closer to her by setting all of Taipei’s watches and clocks to Paris time. Meanwhile, in that fair city, Hsiang-Chyi has a difficult time of it; her problems seem to be mysteriously linked to Hsiao-Kang.

クレジットタイトル詳細 (9)

製作代表 :

Bruno Pesery

シナリオライター :

Tsai Ming-Liang

Sound recordists :

Du Tuu-Chih, Tang Hsiang-Chu

編集担当 :

Sheng-Chang Chen

Costume designer :

kam Tim Yip

Producer :

Laurence Picollec

フォトディレクター :

Benoît Delhomme

報道担当(映画) :

Jérome Jouneaux, Patricia Clément

装飾 :

kam Tim Yip

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

中国語(北京), フランス語

出身 :

台湾, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (台湾, フランス)

製作年 :

2001

フランス公開 :

26/09/2001

上映時間 :

1 時間 56 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

101.040

ビザ発行日 :

09/10/2001

CNC助成 :

いいえ

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD