このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Batards / 私生児

Batards / 私生児

A 長編映画 by Fred Saurel

Produced by La Space

Release in France : 13/11/2002

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

La Space

Film exports/foreign sales :

Wide

フランス国内通信社 :

213 Communication

Co-productions :

Movie DA , ABS

フランス国内配給 :

La Space

あらすじ

9月の一ヶ月を過ごしたスペインのバカンス先から戻る時、歯科技工士のアガタと営業の夫、アレクサンドルの車は故障する。
人気のない高速道路で目印もなくさ迷う二人。携帯電話は通話圏外、車は故障、非常用連絡電話からの連絡後にどこからともなく現れた自動車修理工に従うしかない。
自然の真っ只中の人里はなれたキャンプ場まで連れこられた二人は、驚愕とともに、25歳くらいで人種がそれぞれの6人の養子の家族を見る。彼らが「私生児たち」だ。
モーター修理が終わるのを待つ間、夫婦はいやいやながら数時間共同生活に参加する。
アガタは家族の歓待に一部分身をゆだねる。兄弟姉妹それぞれに、純真さ、創造性、寛容さ、率直さ等、忘れ去られた徳を見つけたからだ。彼女は私生児と言う言葉は文化の混合、多様性、豊かさであると考える。
その反対に、アレクサンドルは徐々に彼らの個人主義と激怒が爆発した、社会の枠組みにとらわれない生き方を拒絶するようになる。 彼は私生児と言う言葉は侮辱であると考える。
結果として、疑惑、感情、暴力が次第に高まり、夫婦の崩壊が明らかになる緊張と対立の一日となり、一家もまたそれを免れることができない。

Photos (11)

クレジットタイトル詳細 (8)

製作代表 :

Fred Saurel, Bernard Campan

録音技師 :

Xavier Piroelle

編集担当 :

Frédéric Noël

作曲家 :

Hervé Postic

Screenwriters :

Fred Saurel, Xavier Thiam

報道担当(映画) :

Émilie Maison

装飾 :

Stéphane Bunel

Costume designer :

Natacha Diehl

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2002

フランス公開 :

13/11/2002

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

96.655

ビザ発行日 :

04/11/2002

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS