このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
La trilogie III - Apres la vie / 仮題 ベルヴォー三部作、その三:その後

La trilogie III - Apres la vie / 仮題 ベルヴォー三部作、その三:その後

A 長編映画 by Lucas Belvaux

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

Release in France : 08/01/2003

  • Contents

俳優 (26)

映画製作・配給会社 (5)

共同製作 :

Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

Film exports/foreign sales :

Films Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (11)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

グルノーブルの警官、パスカル・マニーズ。無情な警官。警官としての問題ならば、ずっと前から解決している、というのもパスカルの問題というのは愛する妻のモルヒネ中毒なのだ。アニエスは出会った当初から既に薬漬けであった。パスカルはやめさせることができず、ただ堕落や社会からの離脱から守ってあげることしかできなかった。
パスカルはモルヒネを供給する地元のボス、ジャキヤと取り決めを結んでいる。モルヒネの代わりにまずまずのことには目をつぶるという約束。そのおかげでアニエスは仕事を続け、ほとんど普通の暮らしができるのであった。ほぼ普通に、というのも二人は互いの世界に境界線を設けていた。二人は決して一緒に外出しない。パスカルはアニエスの同僚も友人も知らないし、アニエスも彼の仲間は誰一人知らない。
そんなある日、アニエスは夫にセシルを紹介する。セシルは夫のアランとの間で問題があるのだ。アランについて調査を進めるうちに、パスカルはだんだんセシルと親密になり、彼女に恋をしてしまう。セシルはそんなことに気が付きもしない、彼女は出会った最初の日と同じくらいアランのことを愛しているのだ。
パスカルが彼女を落とすためには、夫婦の絆を壊すことから始めなければならないだろう。だが愛されるためには少しは自分自身を愛さなければならない、パスカルは自分のことが大嫌いだ。間違いや卑劣な行為ばかり…。
脱獄囚のブリュノ・ルルーならば、少なくともパスカルの見解では汚名返上できると思われる。ジャキヤもまたルルーを消したい。ジャキヤはパスカルにルルー殺しを頼む。パスカルが拒否したために、ジャキヤはモルヒネの供給を打ち切る。アニエスは禁断症状に陥り、15年ぶりに麻薬を外で買わなければならない。だが警官の妻である女に、それが何であれ売ろうとするディーラーはいない。 アニエスはディーラーの一人を銃で脅し、男は女を殴る。 悲惨だ、物陰から身を守るために飛び出した男が耐えられないほどのみじめさだ。
その男とはルルーであった…。

Photos (2)

クレジットタイトル詳細 (15)

製作代表 :

Patrick Sobelman

シナリオライター :

Lucas Belvaux

録音技師 :

Christian Monheim

製作部長 :

Pascal Bonnet

Editor :

Danielle Anezin

Continuity supervisors :

Renée Falson, Sandrine Bourgoin

作曲家 :

Riccardo Del Fra

サウンド・ミキサー :

Gérard Rousseau

監督補佐 :

Dominique Heinry

フォトディレクター :

Pierre Milon

撮影技師アシスタント :

Nicolas Rideau

報道担当(映画) :

Marie-Christine Damiens

Assistant editor :

Gordana Othnin-Girard

Production Designer :

Frédérique Belvaux

Costume designer :

Cécile Cotten

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

出身 :

ベルギー, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (ベルギー, フランス)

製作年 :

2002

フランス公開 :

08/01/2003

上映時間 :

2 時間 3 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

93.723

ビザ発行日 :

07/01/2003

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

ニュース (7)

映画祭でのセレクション (12)

受賞 (2)

French Syndicate of Cinema Critics - 2003

French Syndicate of Cinema Critics (2003)

French Syndicate of Cinema Critics Price

Website