このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
北ホテル

北ホテル

A 長編映画 by Marcel Carné

Produced by Societé d'Exploitation et de Distribution de Films (SEDIF)

Release in France : 19/12/1938

    あらすじ

    パリ。北停車場からほど遠からぬところ、サン・マルタン運河にそった石畳の町。運河には閘門があり、また山形に高くかけた橋がある。運河にそって細 長い小公園もある。自動車もほとんど通らない。パリの市中とも思えないほど静かなこの界隈に北ホテルがある。ホテルのお客は小市民諸君である。その晩、北 ホテルの食堂はにぎやかであった。小公園の番人マルタヴェルヌの娘リュセットがその日初聖体を受けたので、そのお祝いのささやかな宴会である。そこへ若い 男女が一夜の宿を乞うた。女中ジャンヌが二階の一室へ案内する。若いピエールとルネは思いあまって心中を企てたのである。男は失業しているし、よるべない 孤児のルネはピエールの外に頼る人もない。ピエールは最後の金でピストルを買ったのである。最後のキスを交して男は女を射った。あけに染ってベッドに倒れ た恋人の姿を見ると、男はぼう然として銃口を己れの胸に擬するすべもない。銃声を聞いて隣の部屋の男が入って来た。四十がらみのその男は若い殺人者を取っ ておさえようともせず、目顔で逃げろと教える。つかれたようにピエールは表へ飛び出し、公園のしげみにピストルを捨てて走り出した。北停車場に近い陸橋の 上から、走って来る貨物列車めがけて身を投げようとしたが、心おくしてそれも果さず、その未明、彼は自首した。併しルネは死んではいなかった。意外の軽傷 で警官にひかれたピエールと共に検事が病院に訪ねて来た時、ルネは合意の心中であったと証言したピエールは未決監に入れられ、ルネはいくばくもなく全快し た。ルネは北ホテルに来て主人夫妻に礼をのべ、行く処もないので、すすめられるままに女中として住み込んだ。泊り客、食堂の常連のたれ彼が美しいルネを口 説いたり、からかったりする中で、そんな気振を見せないエドモンこそ実はルネに最も心引かれたまである。ピエールに射たれた時、ルネを病院に運んだ四十が らみの男が彼であった。ルネが女中に住み込むと、エドモンは情婦のレイモンドと手を切った。浮気な男殺しのレイモンドにいや気がさしたのであろう併し彼は ルネを口説こうともしなかった。口説いたのはルネであった。刑務所に面会に行くと自分に対する恥と怒からピエールが別れるといったので、ルネはどこかへ 行ってしまいたい気持になったのである。ルネはエドモンが昔の仲間につけ狙われていることを知った。それでエドモンにどこかへ逃げようと持ちかけたのであ る。二人は手を携えてマルセイユの港まで行った。併し未練のあったルネは男にだまって北ホテルへとって返した。そして再びピエールに会った。こん度は彼も ルネの愛と心尽しを拒むことは出来なかった。彼は二人で更生の道を歩もうと約束した。折しも七月十四日、パリ全市は国際を祝って、音楽と花火の音にわき 返った。北ホテルの前の通は踊る人々で埋まった。酒と菓子を運ぶのに忙しいルネに会いに来たのはエドモンであった。ピエールが明朝釈放されると聞くと彼は さようならといった。彼をねらっているナザレトが待っている北ホテルの一室へエドモンは入った。銃声と花火と音楽に消えたとも知らず早朝迎えに来たピエー ルと手を取り合ってルネは北ホテルを去った。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (4)

    Associate producer :

    Impérial Film

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    「悪魔が夜来る」「ジェニイの家」のマルセル・カルネが、「霧の波止場」に次いで監督した一九三八年作品。ウージェーン・ダビ作の同名の小説にヒン トを得て「海の牙」「フロウ氏の犯罪」のアンリ・ジャンソンが「乙女の星」「ラファルジュ事件」のジャン・オーランシュと協力してストーリーを書卸し、カ ルネがコンティニュイティを書いた。撮影は「幻想交響楽」「殺人河岸」のアルマン・ティラールがルイ・ネと協力し、音楽は「巴里祭」のモーリス・ジョー ベールが作曲している。出演は「巴里祭」「スエズ」「素晴らしき接吻」のアナベラ、「乙女の湖」「みどりの園」のジャン・ピエール・オーモン、「旅路の果 て」「殺人河岸」のルイ・ジューヴェ「あらし(1939)」「悪魔が夜来る」のアルレッティを始め「殺人河岸」「幻想交響楽」のベルナール・ブリエ「悲 恋」のジャーヌ・マルカン、アンドレ・ブリュノ、シモーヌ、ベルジュロン、アンドレックス、ポーレット・デュボー等の面々である。なおセットは実景を模し てトローネが設計装置した。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (10)

    Assistant directors :

    Claude Walter, Pierre Blondy

    原作者 :

    Eugène Dabit

    録音技師 :

    Marcel Courmes

    Editor :

    Marthe Gottié

    美術装飾 :

    Alexandre Trauner

    Adapters/dialogue writers :

    Jean Aurenche, Henri Jeanson

    Directors of Photography :

    Louis Née, Armand Thirard

    撮影技師アシスタント :

    Roger Arrignon, Roger Fellous

    作曲家 :

    Maurice Jaubert

    Costume designer :

    Lou Bonin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1938

    フランス公開 :

    19/12/1938

    上映時間 :

    1 時間 37 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    1117

    ビザ発行日 :

    21/09/1940

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)