このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
列車に乗った男

列車に乗った男

A 長編映画 by Patrice Leconte

Produced by Ciné B

Release in France : 02/10/2002

    あらすじ

    月並みな都市。駅。一日の終わり。気動車が止まる。そこから降りる一人の男。たった一人、この地に来るのは初めて。
    男は名前をミランと言う。持ち主と同じくらいやつれた旅行かばんを肩にかけ、絶望したやせぎすの大きな男。
    閉店間際の薬局。アスピリン沸騰錠を探しながら、ミランは元フランス語教師で彼よりも年上のマネキエと出会う。薬局のミドリ十字のネオンが消える。二人の男はすでに人気のない路上で、同じ方向へ向かう。
    なにもかも正反対な、とにかく雰囲気の違う二人ではあるが、単純な理由から警戒しつつ打ち解けあう。漠然と、二人ともお互いの人生にあこがれていたのだろう。教師は冒険家を夢見て、その冒険家は家でのんびりする生活を夢見たのだった。
    3日後、ミランは地元の銀行を襲うつもりだ。そのためにここに来たのだ。3日後、マネキエは大変な心臓バイパス移植を施される予定だ。そのために彼は恐怖を感じているのだ。お互いを知る3日間。別な人生が可能かもしれないと言うむなしい印象を与え合う3日間。死の前の3日間。
    失敗したらと思うと…。

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Ciné B

    海外製作作品 :

    Pandora Film

    フランス国内配給 :

    Pathé Distribution

    Co-productions :

    Zoulou Films, Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma, Fcc

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (22)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Philippe Carcassonne

    エグゼクティブプロデューサー :

    Christophe Audeguis

    海外プロデューサー :

    Carl Clifton

    Sound recordists :

    Paul Lainé, Jean Goudier, Dominique Hennequin

    撮影技師 :

    Patrice Leconte

    報道担当(映画) :

    André-Paul Ricci, Tony Arnoux

    Assistant editors :

    Nathalie Amsellem, Fanchon Brulé, Emmanuelle Mimran

    装飾 :

    Ivan Maussion

    Foley artist :

    Pascal Chauvin

    スチールマン :

    Catherine Cabrol

    Assistant directors :

    Olivier Coutard, Anne Gilles

    シナリオライター :

    Claude Klotz

    フォトディレクター :

    Jean-Marie Dreujou

    撮影技師アシスタント :

    Renaud Chassaing

    Production manager :

    Brigitte Faure

    Editor :

    Joëlle Hache

    スクリプト :

    Marguerite Perlado

    作曲家 :

    Pascal Estève

    Costume designer :

    Annie Périer

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    形而上的実験映画, フィルム・ノワール

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ, イギリス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ, イギリス)

    製作年 :

    2001

    フランス公開 :

    02/10/2002

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    103.261

    ビザ発行日 :

    27/09/2002

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビーSRD

    Posters (4)

    監督

    ニュース (14)

    映画祭でのセレクション (14)

    French Film Festival (South Africa) - 2005

    French Film Festival (South Africa) (南アフリカ, 2005)

    Selection


    シドニー 映画祭 - 2003

    シドニー 映画祭 (オーストラリア, 2003)

    Selection

    Official Competition

    サンフランシスコ 国際映画祭 - 2003

    サンフランシスコ 国際映画祭 (アメリカ合衆国, 2003)

    Selection

    Golden Gate Award International Competition

    BFI London Film Festival - 2002

    BFI London Film Festival (イギリス, 2002)

    Selection

    長編映画公式セレクション

    TIFF - 2002

    TIFF (カナダ, 2002)

    Selection

    Gala

    ヴェネツィア国際映画祭 - 2002

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 2002)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞 (2)

    代表団 (4)