このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Le Pharmacien de garde / 仮題 当直の薬剤師

Le Pharmacien de garde / 仮題 当直の薬剤師

A 長編映画 by Jean Veber

Produced by Orly Films

Release in France : 15/01/2003

  • Contents

俳優 (17)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Orly Films

Film exports/foreign sales :

Orly Films

フランス国内通信社 :

B.C.G.

共同製作 :

TF1 Films Production

フランス国内配給 :

Océan Films Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (6)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

一見穏和そうな男、ヤン・ラザレック。
薬剤師かつエコロジストである彼は、日々薬の力で人々を救済する一方、長期的に人類を荒廃させる環境汚染者から守るために奮闘する。ラザレックは従って善意のみを抱いているのだが、善意はしばしば災いの元とはよく言ったもので、この薬剤師は気が違ってしまったために、まさに地獄のような災いにはまっている。
研究室の奥でラザレックは秘密裏に環境汚染者を殺すための毒物を製造する。夢想家エコロジスト、全てを捧げる薬剤師は誰にも知られずシリアルキラーとなった。
そして運命とは皮肉なこと、捜査を担当する警官のフランソワ・バリエもまたエコロジストなのである。だが彼の場合は、温厚に抗議やデモ行進を進めるごく一般のエコロジストだ。
環境保全に関する会議の場で二人の男は知り合い、すぐに親交を深める。ラザレックとフランソワの二人は、共通の主義を持つ同志として再会する。これから敵同士になるとはつゆほどもしらず…。

Videos

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (13)

製作代表 :

Nicolas Vannier

フォトディレクター :

Laurent Fleutot

製作部長 :

Philippe Schwartz

編集担当 :

Georges Klotz

Production Designers :

Thanh At Hoang, Pierre Quefféléan

Costume designer :

Thierry Delettre

サウンド・ミキサー :

Gérard Lamps

シナリオライター :

Jean Veber

Sound recordists :

Laurent Poirier, Michel Casang

報道担当(映画) :

Myriam Bruguière, Olivier Guigues

スクリプト :

Isabelle Perrin-Thevenet

作曲家 :

Marco Prince

映画輸出業者 :

Alain Vannier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2001

フランス公開 :

15/01/2003

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

103.845

ビザ発行日 :

02/12/2002

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーDTS