このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Last letter

Last letter

A 長編映画 by Frederick Wiseman

Produced by Idéale Audience

Release in France : 13/11/2002

  • Contents

俳優

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Idéale Audience

Film exports/foreign sales :

Films Distribution

共同製作 :

Arte France Cinéma

フランス国内配給 :

Ad Vitam

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

あらすじ

Anna Semionovna was a Russian Jewish doctor from a small Ukrainian village. “The Last Letter” was the one she wrote in 1941 to her son, a famous physician who lived far from the front lines in a Soviet scientific institution. She wrote it a few days before she was killed, like all the other Jews of the town, by the Germans.
She speaks of her life: her relationship with her son, her love for him, her student life in Paris, her failed marriage. She writes about the reaction of her Russian and Jewish neighbors to the Germans’ arrival, describes the cruelty and horror of the occupation, the refusal by some Jews to accept what is happening. She describes how some compassionate Russians helped her, the indifference and greed shown by others. Shares her slowly increasing awareness that she is Jewish before being Russian.
Her descriptions are made up of meticulously detailed observations drawn from

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (8)

製作代表 :

Pierre-Olivier Bardet

フォトディレクター :

Yorgos Arvanitis

報道担当(映画) :

Agnès Chabot

スクリプト :

Claude Luquet

原作者 :

Vassili Grossman

録音技師 :

William Flageollet

編集担当 :

Luc Barnier

装飾 :

Marc Marmier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語, 英語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2001

フランス公開 :

13/11/2002

上映時間 :

1 時間 1 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.959

ビザ発行日 :

14/10/2002

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSR