このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Ma vraie vie a Rouen / 仮題 ルーアンでの僕の本当の人生

Ma vraie vie a Rouen / 仮題 ルーアンでの僕の本当の人生

A 長編映画 by Olivier Ducastel, Jacques Martineau

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

Release in France : 26/02/2003

  • Contents

俳優 (14)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Agat Films & Cie / Ex Nihilo

フランス国内配給 :

Rezo Films

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (3)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

あらすじ

エチエンヌは母親のキャロリヌとルーアンで暮らしている。彼の16歳の誕生日に、祖母はビデオカメラをプレゼントする。
エチエンヌはさっそく日常生活を撮り始める。家では母親と共に、高校では親友のリュドヴィックと共に、そしてフィギュアスケートのフランス選手権出場へ向けたリンクでの練習風景。エチエンヌはとりわけリュドヴィックと少女達との関係に興味を持つ。
彼はまた歴史・地理の教師ロロンにも目をつけ、執拗に撮影する。
エチエンヌは映画を製作しているのでもなければビデオ日記を作っているのでもない。 人生の断片を集めてありのまま撮影したり、ビデオのために演出して楽しんでいるのだ。すなわち彼は自分を笑わせたり興味を引くもの、あるいはその痕跡を残しておく必要があると考えた事象を記録し、あるいは親しい人に記録させる。
しかし撮影は彼が考えていたほど無邪気な遊びではない。
そしてエチエンヌが2002年は愛の年になる、とリュドヴィックに宣言するとき、自分でもまだ言葉の意味がわかっていないのであった。

Videos

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (12)

製作代表 :

Nicolas Blanc

Directors of Photography :

Matthieu Poirot-Delpech, Pierre Milon

Production managers :

Philippe Hagege, Sylvie Demaizière

Editor :

Sabine Mamou

作曲家 :

Philippe Miller

Costume designer :

Juliette Chanaud

Screenwriters :

Olivier Ducastel, Jacques Martineau

録音技師 :

Régis Muller

報道担当(映画) :

Marie-Christine Damiens

装飾 :

Juliette Chanaud

キャスティング :

Antoine Carrard

サウンド・ミキサー :

Jean-Pierre Laforce

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

テーマ :

同性愛, 思春期

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2001

フランス公開 :

26/02/2003

上映時間 :

1 時間 42 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

103.777

ビザ発行日 :

13/02/2003

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD