このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Bienvenue chez les Rozes (仮題 ローズ家にようこそ)

Bienvenue chez les Rozes (仮題 ローズ家にようこそ)

A 長編映画 by Francis Palluau

Produced by Telema

Release in France : 02/04/2003

  • Contents

俳優 (13)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Telema

Film exports/foreign sales :

TF1 Studio (ex-TF1 International)

Co-productions :

TPS Star, TF1 Films Production

フランス国内配給 :

TFM Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (11)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

もう失うものは何もない二人の危険な再犯者が移送中に逃亡する。
警察に追われ息も力も切らした二人は総石造りの素晴らしい田舎家に隠れ家を見つけるが、その昔風の家には感じの良いローズ一家が住んでいた。その晩は親子が全員集合して銀婚式を祝おうとしていたのだが、残念なことにたちまち人質にされてしまった。
ただし、ギャング達はそれほど威嚇的ではなく、一家の方がそれほど素敵ではない、というより、だんだん素敵ではなくなって、どんどん危険さが増して、ついにはなんでもするつもりであることが明らかになる。
一度は悪癖に身を委ねてみたい、と思わない人はいないだろう。目のくらむような事態に巻き込まれ、危険に陶然となったローズ家の人々は少しずつこの極限の状態を活用し始める。この状態では責任は追求されないのだから、何をやっても良いのだ。
24時間たたないうちに、この非常に親切な一家はますます喜びを感じながら、最も下劣な本能に身をゆだねていく。強欲にあつかましい態度、裏切りに殺人に淫乱…。
逃走中の二人はと言えば、ついには可哀相な夢想家でしかなく、彼らこそ真の人質と成り果てる。二人の真の犠牲者はなんとか損害を食い止め、みんなの正気を取り戻そうと躍起になり…。

Videos

Photos (11)

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Charles Gassot

フォトディレクター :

Romain Winding

製作部長 :

Daniel Chevalier

Editor :

Véronique Parnet

作曲家 :

Serge Perathoner, Jannick Top

サウンド・ミキサー :

Gérard Lamps

シナリオライター :

Francis Palluau

Sound recordist :

Brigitte Taillandier

報道担当(映画) :

André-Paul Ricci, Tony Arnoux

装飾 :

Jean-Marc Kerdelhué

Costume designer :

Jacqueline Bouchard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2002

フランス公開 :

02/04/2003

上映時間 :

1 時間 26 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

105.414

ビザ発行日 :

14/03/2003

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー