このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Va et Vient / 仮題 行ったり来たり

Va et Vient / 仮題 行ったり来たり

A 長編映画 by Joao Cesar Monteiro

Release in France : 18/06/2003

  • Contents

俳優 (5)

映画製作・配給会社 (4)

Co-productions :

Gemini Films, Arte France Cinéma

Film exports/foreign sales :

Gemini Films

Foreign production companies :

Madragoa Filmes, RTP - Radiotelevisao Portuguesa

フランス国内配給 :

Gemini Films

International releases (7)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ジョアン・ブブ、男やもめ、家族はなし。殺人および武装銀行強盗の罪で服役中の息子が一人。ジョアンは一人暮らし。リスボンの旧市街、モンテ・オリベーテの丘の上、日当たりの良い広い家に一人で住んでいる。その家はかなりの裕福さを想像させる。
あまり、もしくは全然社交的ではないジョアン・ブブ氏は毎日100番のバスに乗り、飽きることなく同じ道のりを散歩している。行きはプラサ・ダス・フローレスとレアル王子庭園の間を行き、帰りは出発地点まで、すなわち家まで戻ってくるのだ。予期せぬトラブルが時には変化をもたらす以外は、この日常は決して誰をも寄せ付けないジョアンの孤立願望や逃避願望といったものに適応しているようである。
家では読書とレコードがジョアン・ブブの唯一の友。ジョアンは家政婦の必要を切実に感じ始めていたが、最低限の資格しか要求していないので、どっちみち見つかりそうにない。
息子の出所、そして更生を願う息子に対する父親の落胆が一連の暗い出来事の発端となり、ジョアンの悪人的性格が明らかとなって、無法者として永久に社会から疎外されることとなる。
シネマの名作、WCフィールズの''the fatal glass of beer''と「チャップリンの殺人狂時代」のニ作品が、違いを保ちつつ見え隠れする作品。

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (7)

シナリオライター :

Joao Cesar Monteiro

録音技師 :

Jean-Claude Laureux

Editors :

Renata Sancho, Joao Nicolau

Costume designers :

Isabel Branco, Lucha d'Orey

フォトディレクター :

Mário Barroso

報道担当(映画) :

Bruno Barde

装飾 :

José Manuel Castanheira

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

ポルトガル語

その他の国の共同制作者 :

ポルトガル

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (ポルトガル)

製作年 :

2003

フランス公開 :

18/06/2003

上映時間 :

2 時間 59 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (4)

Rotterdam International Film Festival - 2004

Rotterdam International Film Festival (オランダ, 2004)

Selection

長編映画公式セレクション

BFI London Film Festival - 2003

BFI London Film Festival (イギリス, 2003)

Selection

長編映画公式セレクション

TIFF - 2003

TIFF (カナダ, 2003)

Selection

マスター部門

代表団