このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
仮題あの日

仮題あの日

A 長編映画 by Raoul Ruiz

Produced by Gemini Films

Release in France : 04/06/2003

  • Contents

俳優 (19)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Gemini Films

海外製作作品 :

Light Night

フランス国内配給 :

Gemini Films

共同製作 :

France 3

Film exports/foreign sales :

The Bureau Sales

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (9)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

第一のヒントは恍惚への招待-誰が狂っている? 信じるものか、それとも知っているものか。誰が知っている…乞食と無骨な人間が中心となるスイスを舞台にした物語。美しく官能的かつ冷酷な女が潔白を守る。あらゆる強烈、もしくははかない美しさの共謀者、興奮するエミール・ポワンポワロは地獄の亡者達の祝宴を陽気にさせ、自由を勝ち取る。
第二のヒントは政治的な寓話。そこら中兵士だらけのどこにも存在しないスイスで、跡取娘は満足し、一家はこっそり企み、国家は密かに陰謀を計画する、純真さと狂気を武器にして。もしうまく行ったら来年スイスで…。
第三のヒントは探偵映画。明日は人生最大の日になる、と考える一人の娘。不注意から娘は家族全員を抹殺するが、その一家は美しい娘を殺すため、体面以上の理由から殺し屋を、精神病院から抜け出した狂人を雇っていた。二人の刑事は待つことに決める。全て予め書かれ、欲されていたこと。彼らはみな従順な警官の共犯的な視線の下、死ぬことになる。警官にはどうしたことか、その痕跡しか見えない。
全てのヒントを合わせると…『Ce jour-la』。

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (17)

製作代表 :

Paulo Branco

Producer :

Patricia Plattner

フォトディレクター :

Acacio de Almeida

製作部長 :

Nicolas Picard-Dreyfuss

Editor :

Valeria Sarmiento

スクリプト :

Pupa Riva

作曲家 :

Jorge Arriagada

Sound mixers :

Gérard Rousseau, Hans Kunzi

演出助手 :

Alexandre Meliava

監督補佐 :

Gilles Sionnet

シナリオライター :

Raoul Ruiz

Sound recordists :

Henri Maïkoff, Georges-Henri Mauchant

報道担当(映画) :

Bruno Barde

Sound editor :

Béatrice Clérico

装飾 :

Bruno Baugé

Costume designer :

Claire Gérard-Hirne

スチールマン :

Didier Doussin

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

出身 :

スイス, フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

大部分フランス (スイス, フランス)

製作年 :

2003

フランス公開 :

04/06/2003

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

105.567

ビザ発行日 :

06/06/2003

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD